バンコク話題の新ナイトスポット「アジアティーク・ザ・リバーフロント」


2012年4月にオープンしたバンコクの新しいナイトスポット、アジアティーク・ザ・リバーフロント(Asiatique The Riverfront)をご存知でしょうか?

チャオプラヤー川沿いにあった19世紀後半のヨーロッパとの貿易拠点と貨物倉庫の跡地が一大ショッピングスポットとして蘇りました。

こちら、シャム王国(タイ王国の旧名称)がデンマークとの友好条約締結後、イースト・アジアティーク社がチーク材を海外に送り出すために作った最初の船着き場となった場所だったそうです。

敷地内には当時の働く人の様子を再現する等身大の銅像が点在していますが、おしゃれなショッピングエリアとミスマッチでなかなかシュールです……

アジアティーク・ザ・リバーフロントへはバスやタクシーなどでも行くことができますが、BTSサパーンタクシン駅真下のサトーンピアから無料のシャトルボートも出ており、10分ほどのチャオプラヤー川のボートクルーズを楽しみながら向かうのもオススメです。

東京ドーム約2.5個分の広大な敷地に1500店舗以上のショップ、40店舗以上のレストランが並んでいます。

さらにニューハーフショーで有名なカリプソキャバレーショーに伝統人形劇のジョールイスシアター、ムエタイなどのイベントも毎日行われています。

買い物にグルメにエンターテイメントまで一度に楽しめるスポットのため、観光客はもちろんのこと現地の人々も大勢訪れています。

敷地内には10棟の倉庫を改装した建物が立ち並んでおり、定番のタイ土産を扱うショップやおしゃれで個性的なファッションアイテムを扱うショップなど、お店の種類によってエリアが分かれています。

洗練されたセレクトショップ、国内のデザイナーが手がけた雑貨や洋服のショップも何軒かあり、バンコクの新しい一面が見られます。

さらにアジアティーク・ザ・リバーフロントには国内外の人気のレストランが多数集まっています。

すき家を始め日本の飲食店も何軒か出店しており地元のタイの人々には大変人気があるそうです。タイまで来てわざわざ日本食を食べなくても……と思うかもしれませんが、日本にはないガパオ丼などのタイ限定のメニューもあるので意外と新しい発見があるかも!?

アジアティーク・ザ・リバーフロントのシンボルのような存在なのが、アジアティーク・スカイと名付けられた観覧車。
250バーツで15分ほどバンコクの町並みが見渡せます。

敷地内では様々なストリートパフォーマンスも見ることができます。

「2010年に閉鎖したスワンルム・ナイトバザールに代わる新しいナイトマーケット」と紹介されることが多いのですが、ローカル色の強かったスワンルム・ナイトバザールに比べ、アジアティーク・ザ・リバーフロントは巨大なテーマパークといった感じ。バンコクを訪れる際には外せない最新話題スポットです!

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなる メディア