【本当は教えたくないディープな旅】ギリシャ神話にも出てくる伝説の島、ナクソス島の魅力


ギリシャ神話でも知られる全知全能の神ゼウスが育った場所とされるナクソス島をご存知でしょうか?

実はナクソス島、日本ではあまり知られていない場所ですが、日本でも観光名所として知られているサントリーニ島やミコノス島に向かうフェリーも立ち寄る島であり、周辺の島々への交通の要ともなっている場所としてギリシャでは有名な場所。

あまり知られていない場所であるナクソス島だからこそ、古代ギリシャ時代から続く遺跡と美しいビーチ、そして現代まで受け継がれた街とが融合した独特の魅力が溢れています。

フェリーで島に着くと、白壁に青い窓枠の可愛らしい街並みが出迎えてくれます。石畳の港町にはカジュアルな雰囲気のシーフードレストランやカフェ、多くのお土産物屋さんが並びます。

港町で目につくのは、突き出た島にあるアポロン神殿跡。

今では扉の枠しか残っていませんが、その扉の枠のみが残っているからこそ、非常に神秘的な雰囲気です。まるで巨大な「どこでもドア」のような雰囲気すら感じます。

綺麗な海もさることながら、現地では夕日スポットとしても有名で、夕暮れ時には多くの人々が訪れます。

ナクソス島はギリシャの島々の中でも比較的大きく、島内を回る路線バスもありますが、あまり本数は多くないため、自由気ままにバイクやバギーを借りて島内を巡るのがオススメ。

島内には数多くの美しいビーチがありますが、比較的観光客の少ない島なので、美しいビーチをほぼ独り占めできてしまうこともあります。

日本ではあまり目にすることの少ないカイト・サーフィンのスポットとなっているビーチもあり、夏の間は多くのカイト・サーファーでにぎわうことも。

さらに、ナクソス島は古くからワインの産地としても知られていて、島内にはいくつものワイン農家が点在します。

島のスーパーに行ってみると、何のラベルも貼っていないペットボトルでワインが売られていました。

見た目どおりの無骨なワインの味わいは洗練されているとは言えないかもしれませんが、手作りの温もりを感じられるワインは、より深く旅情を味わう事が出来ます。

また、観光地化の進んだサントリーニ島や、ミコノス島などに比べて圧倒的に物価が安いのもナクソスの魅力の一つ。エーゲ海に訪れることがあれば、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

きっとそこには、ガイドブックなどには載っていない、あなただけが、この場所でしか出会えない旅、そんな「深い味わいのある旅」を強く感じる事ができるに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなる メディア