【台湾グルメ】台湾・台北で朝5時から行列のできる朝食グルメとは?台北で大人気のお店「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」


日の出前、まだまだ辺りは暗闇に包まれている中、通りには一軒のお店の灯りだけが煌々(こうこう)と輝いている。そしてその灯りに引き寄せられるかのように、一人また一人とお店の中へと入っていく。

そのお店の名前は「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」。早朝にも関わらず、人々は皆こちらのお店で絶品の朝食を食べるために集まるのだ。

今回は、台北で日の出前より行列のできる超絶人気店「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」を紹介したい。

・朝5時から行列ができるほどの人気
こちらのお店のオープンは早朝の5時半。日の出よりも早い時間帯で周囲はまだまだ暗い状態の中、お店は営業を開始する。今回訪れたのは、オープン前の5時15分頃。「さすがの人気店といえど早朝5時に並べば、人はいないだろう。」と予想して、お店を訪れたところ目の前には30人ほどの行列。台湾の地下鉄の始発時間(6時)よりも早いオープンにも関わらず、お店にはこちらの絶品グルメを食べようと多くの人々が集まっていたのだ。店内には毎日できる行列に備えて、並び方について説明するパネルも展示してあった。

・スタッフは早朝からフル回転
早朝にも関わらず、ざっと見渡しても20名近くのスタッフが休む間もなく、テキパキと調理している。それもそのはず、このお店は朝5時半のオープンより閉店時間の12時半まで、絶品グルメを求めてお店の前には行列が途切れることなく続くからだ。その厨房の様子を見ていると、早朝5時だということを忘れてしまうほど、お店は活気に満ちあふれている。

・台湾を代表する大人気の朝食とは?
活気ある店内で途絶えない行列。それを越えた先に待っているのが、朝5時から並んででも食べたい朝食グルメである。それこそが豆漿(ドウジャン)と呼ばれる、台湾の豆乳をつかった朝食だ。今回注文したのは「鹹豆漿(シェンドウジャン)」という、塩味のきいた豆乳。ネギ、干しエビ、揚げパンなどが入り、醤油や塩などで味付けされた豆乳をスープのようにいただく一品。おぼろ豆腐のように緩やかに固まった豆乳に、揚げパンのカリカリ具合がマッチしており、確かに朝から並んでも食べたい!と思うほどの絶品グルメだ。




・一緒に注文したい朝デザート
さらにオススメなのが「焦糖甜餅(ジャオタンティエンビン)」。甘いパイのようなもので、サクサクした生地の中からは、ハチミツのようなトロットロの餡があふれ出てくるのだ。しょっぱめの味付けの鹹豆漿(シェンドウジャン)を食べた後にはちょうどいい、軽いデザート感覚でいただける一品。女性からの人気も高い一品で、甘いもの好きには欠かせない最高の朝デザートである。

早朝から行列必至の人気店「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」。台北の朝はこの豆乳をつかった朝食抜きでは語れない、と言っても過言ではない。ぜひ一度は台湾流モーニングを経験してみてほしい。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   阜杭豆漿(フーハンドウジャン)
住所   100 台湾 Taipei City, Zhongzheng District, Section 1, Zhongxiao E Rd, 108號、2F
営業時間 5:30~12:30(完売しだい終了)
定休日  月曜日




















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 阜杭豆漿(フーハンドウジャン) ー 台湾

住所 : 100 台湾 Taipei City, Zhongzheng District, Section 1, Zhongxiao E Rd, 108號、2F