【世界のカフェ】台湾で最も入りにくいと噂のカフェ「窄門咖啡館」に行ってみた。


美食の都、台南。

台湾でも随一と言われるグルメ街の台南ですが、実はグルメだけでなくカフェも充実しています。

中でも、古い建物を改築したオシャレな「古民家カフェ」は台湾中から注目を集め、続々と増えてきています。

そんな古民家カフェブームの先駆けとなったと言っても過言ではない有名店が今回ご紹介する「窄門咖啡館(ジャイメンカーフェーガン)」。

有名店で人気もある「窄門咖啡館(ジャイメンカーフェーガン)」ですが、その狭すぎる入り口のせいで「台湾で最も入りにくいカフェ」と話題なのだそうです。

・狭すぎる入り口
おそらく台南で最も有名なカフェ「窄門咖啡館(ジャイメンカーフェーガン)」。居心地のいい古民家カフェとして好評ですが、このお店を語る上で欠かせないことといえば、狭すぎる入り口。なんと幅は38cmしかなく、横向きになって通るのが精一杯なほどの狭さです。このわずかな隙間をくぐり抜けなければ、カフェへと辿り着くことはできないため、まさに台湾で最も入りにくいカフェと言えます。

・オシャレな内装
そんな狭すぎる入り口を抜けて、階段をのぼって行くと、やっとお店に辿り着くことができます。1990年に古民家を改装してオープンしたという店内は、こだわりのインテリアがゆったりと並べられており、非常に居心地のいい空間が広がっています。その可愛らしい内装と隠れ家的な空間が、特に女性に大好評なのだとか。

・豊富なメニュー
飲み物はコーヒー、紅茶、ハーブティー、ジュースなど幅広いラインナップが揃っており、デザートも様々な種類が準備されています。中でも、数量限定の自家製チーズケーキは、クリーミーなチーズのコクを感じる甘さ控えめの一品で、ほっと一息つきたい午後にピッタリなスイーツです。甘いものがお好きなら、手作り感あふれる特製チョコもオススメ。甘めのホワイトチョコレートと、苦味のあるビターチョコレートは、中にコーヒー豆が入っており、カカオとコーヒーの香ばしさが舌の上で広がります。

狭すぎる入り口を抜ければ、そこに広がるのは隠れ家的な癒し空間。

台南を訪れた際は、勇気を出してこの狭い入り口をくぐってみて下さい。

きっと帰る頃には、この隙間から外へ出るのが嫌になってしまうほど、お店の雰囲気の虜になってしまうはずです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   窄門咖啡館(ジャイメンカーフェーガン)
住所   台南市中西区南門路67号2F
営業時間 11時〜23時
定休日  なし




























この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 窄門咖啡館(ジャイメンカーフェーガン) - 台湾

住所 : 台南市中西区南門路67号2F