【吞ん兵衛の聖地・立石で味わう絶品グルメ】最高の焼き肉を味わえるお店「牛坊(ぎゅうぼう)」


関東において呑兵衛の聖地と呼ばれる場所はいくつかあるのだが、その中でも非常に有名な場所の1つと言えば京成沿線にある立石。

この呑兵衛の聖地には様々な美味しくてコスパのいいグルメがあるのだが、今回はその中でも絶品中の絶品といわれている焼肉店をご紹介したい。

そのお店の名前は「牛坊(ぎゅうぼう)」。

・立石の人気店
こちらのお店、立石の焼き肉と言えば「牛坊」と言われるほど、地元立石でも非常に人気のお店。お肉のおいしさもさることながら、夜中12時からでも入店できるお店で、かつ、日曜日も営業しているという、お客には非常にありがたい対応もしてくれている、優しいお店なのだ。

・劇ウマでコスパ抜群
こちらで使用されているのは主にA4とA5ランクの黒毛和牛。どれも他では見る事のできない価格に、驚きを感じてしまうだろう。毎日ホワイトボードに書かれている「本日のおすすめ」は見逃せない。最高の黒毛和牛を心のおもむくままに、好きな物を好きなだけ注文したい。

・まずは牛坊サラダ
肉が到着する前に味わっておきたいのが牛坊サラダだ。クリーミーでありながらさっぱりとしたドレッシングは、こちらのお店のオリジナル。千切りのキャベツやキュウリ、ニンジンにたっぷりとかけられたこのドレッシングは、焼き肉への食欲を増進させてくれる。

・必ずオーダーしたい「芯」のお肉
こちらで必ずオーダーしておきたいのはホワイトボードに書かれているお肉メニューの中でも「芯」と呼ばれる部位だ。「芯」とは肩ロースやリブロースの中でも、肉の中心として選別された極上の部位のことで、ロースの肉肉しさと、芯のもつ極上の脂を楽しむ事ができる。わさび醤油やニンニク醤油で楽しむこちらのメニューは、肉のウマミを余す事無く味わえる限定メニューのため、早めにオーダーすることをオススメする。






・さらにオーダーしたいのが月見焼き
さらにオーダーしたいのが、こちらの牛坊でしか味わえない、オリジナルの月見ダレでいただく月見焼きだ。卵にゴマ、おろしニンニク、そして唐辛子に甘辛い特製タレが加えられた月見ダレはそれだけをご飯にかけても美味しい。その極上のタレを柔らかい薄切りされたカルビと合わせると、至福の瞬間が訪れる。



・肉だけでなくホルモンもうまい
もちろんこちらのお店、何でも美味しい。牛タンはどこまでも軽やかにサクサクとした歯触りであるし、ミノも全くクセも匂いもない、まるで極上のスナックのような歯触りと味わい。
IMG_5992
もちろん一般的な焼き肉にあるメニューにあるカルビも、こちらの特製カルビとして味わう事ができる。トロっとしたとろけるような脂と肉のウマミ、ご飯にもお酒にも最高の相棒である。


もちろん、こちらのお店自家製のキムチと巻いてさっぱりと味わってもいいだろう。


また、レアな部位であるカイノミやザブトンなども、溢れる肉のウマミをたっぷりと堪能する事ができる。


・最後はさっぱりと、塩ロース
自分の好きな肉のフルコースを楽しんだのなら、最後に楽しんでおきたいのが塩ロースだ。薄切りされたロースは、赤身のウマミとコクをしっかりと味わえる逸品。さっと炙って、そのまま食べる、もしくは醤油で味わえば、極上の肉のタタキとして楽しむ事ができる。

古き良き下町の香り残る、立石。

実はこの吞ん兵衛の聖地・立石、もしかしたら、再開発によって大きくその形が変わってしまう可能性がある事をご存知だろうか。

もしかしたら、現在の立石の雰囲気を味わえるのは、今だけ、そんな状況になってしまうかもしれない。

そんな場所で楽しめる、最高の焼き肉を味わってみてはいかがだろうか。

そこには、この地でしか味わえない、単なる味だけではない、日本のこれまでの歴史も味わえるに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 牛坊(ぎゅうぼう)
住所 東京都葛飾区立石4-26-12
営業時間  11:30~14:30 / 17:00~翌4:00
定休日 無休



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 牛坊(ぎゅうぼう)

住所 : 東京都葛飾区立石4-26-12