今や都内では珍しいタンゴ喫茶で味わう至福のひととき、神保町・「ミロンガ・ヌオーバ」

様々な書店が集まっている本の街として知られる東京・神保町。本だけでなくもう1つ有名なものがこの街にはあります。

そう、それは喫茶店。

様々なレトロカフェが町中に隠れ家のように潜んでおり、お気に入りの書籍を見つける旅の合間に訪れるカフェは、もはや神保町とは切っても切り離せないと言える、1つの風景ではないでしょうか。

今回は様々なレトロカフェの中から、東京でも今や非常に珍しいと言われているタンゴ喫茶「ミロンガ・ヌオーバ」をご紹介します。

・路地裏に潜む雰囲気たっぷりのカフェ、それが「ミロンガ・ヌオーバ」
神保町「A7」出口は、まるでタイムスリップするための入り口のような駅の出口。

階段を上ると伝説的とも言えるカフェ「さぼうる」や「神田伯刺西爾(神田ぶらじる)」など、神保町の大切な宝物カフェに出会う事ができるのだ。

「神田伯刺西爾(神田ぶらじる)」を左手に見ながら小さな路地を入ると、そこに「ミロンガ・ヌオーバ」はひっそりと佇んでいる。

・タンゴ喫茶「ミロンガ・ヌオーバ」とは?
こちらのお店タンゴ喫茶と銘打つだけあって、膨大なタンゴの資料がお店の中には存在しています。

さらに500枚以上のLPと、400枚以上のCDが用意されており、常にタンゴミュージックが流れている店内はしっとりとした大人な空間が広がっています。

・味わっておきたい名物「ピザ・ミロンガ」
ここちよいタンゴのリズムと味わい深いコーヒー、これだけでも「ミロンガ・ヌオーバ」の味わいはたっぷりと感じられるのだが、是非試していただきたいのが名物の「ピザ・ミロンガ」。

手作りのオリジナルのピザはたっぷりのチーズに卵とジューシーなサラミがたっぷりの、まさに喫茶店のピザ。

どこか懐かしいのにモダンな味わいは、お店のタイムスリップしたような雰囲気も相まって極上の喫茶タイムを演出してくれます。



たまには、ゆっくりとした時間を楽しむために神保町を訪れてみてはいかがでしょうか。

そこにはきっと、本だけではなく、この街でしか味わえない独特な味わいに出会う事、そんな小さな旅があなたのことをまっているに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ミロンガ・ヌオーバ
住所 東京都千代田区神田神保町1-3
営業時間 【月〜金】10:30~22:30
     【土・日・祝】11:30~19:00
定休日  年末年始



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : ミロンガ・ヌオーバ

住所 : 東京都千代田区神田神保町1-3