【地元民に愛される絶品グルメ】福岡最古の老舗喫茶店「ブラジレイロ」が誇るこだわりの逸品「ミンチカツレツ」

ノスタルジックな雰囲気の店内で、ゆっくりと流れる静かな一時。

オシャレなカフェが増えていく中で、最近は古き良きレトロな「喫茶店」が再び注目を集めています。

喫茶店といえば、元々はサラリーマンや年配の方々の「憩いの場」という印象でしたが、今では若い人々の間でも大人気。

様々なメディアでも特集が組まれるなど、「レトロな喫茶店」に対する注目度はさらに高まっています。

そんな喫茶店の魅力を語る上で欠かせないのが、こだわりの喫茶店メニュー。

そこでしか味わえない「喫茶グルメ」は、お店の大きな魅力の1つとなっています。

今回は、福岡の最古の喫茶店「ブラジレイロ」が誇るこだわりの逸品「ミンチカツレツ」を紹介します。

・福岡を代表する最古の喫茶店
オープンは1934年(昭和9年)。

第二次世界大戦を目前に控え、日本が激動の時代を過ごしていた頃、「ブラジレイロ」は博多の中洲にオープンしました。

当時の場所からは移転していますが、80年以上の歴史を持つ「ブラジレイロ」は、福岡最古の喫茶店と呼ばれています。

現在は博多のビジネス街の一角に位置し、うっかりしていると見過ごしてしまいそうなと小ぢんまりとした建物で営業しています。

本格的な洋食と香り高いコーヒーが好評で、ランチタイムには満席になることもあるほど、福岡でも屈指の人気を誇る老舗の喫茶店が「ブラジレイロ」です。

・見事な曲線美
「ブラジレイロ」でぜひとも味わいたい逸品。それが美しい曲線が特徴の「ミンチカツレツ」。

一般的にメンチカツといえば小判型のものが多いですが、「ブラジレイロ」ではラグビーボールのような独特な形状をしています。

このような形にすることで、真ん中はふっくらジューシー、先端は香ばしくサクサクに仕上がり、食べる部分によって異なる食感を楽しむことができるそうです。

肝心の味はというと、豚と鶏の上質なミンチを丁寧に混ぜて作っており、見た目以上にあっさりとした印象で、噛むほどに上品な甘みがジュワーッと口に広がります。

ほどよく酸味の効いたソースとの相性もバツグンで、喫茶店とは思えないほど本格的な逸品です。

・食後の一杯
美味しい洋食を堪能した後は、食後のコーヒーが欠かせません。

ブラジレイロでは、コーヒーにひとさじのホイップクリームを入れるのが定番。

ホイップクリームを入れることで、まろやかさが増し、やわらかい口当たりになり、食後の胃をそっと優しく包み込んでくれます。

通常クリームを混ぜると、コーヒーの味わいが失われてしまうことも多いですが、ブラジレイロの香り高いコーヒーは決してクリームに負けることなく、さらに深みのある味わいを示してくれます。

まろやかで奥深い味わいのコーヒーは、福岡最古の喫茶店と呼ばれる「ブラジレイロ」のこだわりがつまった一杯です。

福岡の老舗喫茶店が生んだこだわりの逸品「ミンチカツレツ」。

見とれてしまうほど見事な曲線美、そして噛むほどにあふれる上品な甘み。

福岡を訪れる際は、「ブラジレイロ」が誇る至高の喫茶店グルメ「ミンチカツレツ」を味わってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   ブラジレイロ
住所   福岡市博多区店屋町1-20
営業時間 【平日】10:00-20:30
     【土】10:00~19:00
定休日  日曜日・祝日


















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : ブラジレイロ

住所 : 福岡市博多区店屋町1-20