キリンビール名古屋工場で工場見学! 試飲もできる一番搾りうまさの秘密体感ツアー

愛知県西部、名古屋市に隣接する清須市にあるキリンビール名古屋工場は、できたてビールを試飲できる「一番搾り うまさの秘密体感ツアー(無料)」などの工場見学で人気のスポット。

キリンビール 名古屋工場 一番搾りうまさの秘密体感ツアーは、事前に予約が必要ですが、子どもから大人まで、どなたでも無料で参加できる工場見学ツアーです。

ツアーでは、約70分間かけて、ガイドさんの案内を聴きながら、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べや、麦芽の試食、ホップの香りを体験し、最後にキリン一番搾り生ビールやソフトドリンクなどの試飲をすることができます。

キリンビール名古屋工場 一番搾りうまさの秘密体感ツアーは、毎週月曜(祝日の場合は次の平日)、年末年始、設備点検日などを除く前日開催されており、開始時刻は10時10分、11時10分、12時10分、13時10分、14時10分、15時10分の1日6回。

ツアー開始時刻の10分前に受付に行くと、このようなツアー参加証をもらえます。

上の黄色の参加証はアルコールを試飲できる方専用。未成年の方や、車を運転する予定のある方、自転車などで来場されている方には緑色の参加証が渡されます。

ガイドさんに案内され、いざツアー開始。キリンビールの歴史などを聞きながら工場内を歩いていきます。

キリンビール名古屋工場は、1962年(昭和37年)2月竣工。約26万㎡の広大な敷地面積を誇り、年間に約390,000kL(350ml缶 約4,600万ケース)を生産する能力があるとのこと。

キリンビールを作ることに欠かせない素材「麦芽」「ホップ」「水」、そして、「酵母」に関する説明を聞いた後は、実際に麦芽とホップを触ってみます。

こ麦芽は二条大麦を水にさらし、発芽・乾燥させて根を取り除いたもの。中央の容器に入っているのも麦芽で、こちらが手に取って食べてみると、ポリポリとした香ばしい食感でした。

ホップはアサ科に属する、つる性の多年生植物。ビールに特有の香りと爽快な苦みを与え、泡立ちを良くする働きもあります。

こちらは、麦芽を砕いて、ゆるやかに温度を上げ、「もろみ」という麦のおかゆをつくる「糖化」という行程。

そのもろみをろ過し、最初に流れ出た「一番搾り麦汁」を煮沸し、ホップを加えることで、ビール特有の香りと苦みが生まれるそうです。

その後、十分に冷やした麦汁に酵母を加え、発酵タンクで低温発酵させ、1~2ヶ月ほど貯蔵・熟成されたビールが、厳しい検査を経て、「キリン一番搾り」として出荷されます。

一番搾りうまさの秘密体感ツアーでは、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べができます。こちらは酵母を加える前の「麦のジュース」なので、アルコールは含まれず、どなたでも味見が可能。

一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の違いは、実際に味わってみればすぐにわかります。
(一番搾り麦汁は味が濃く甘みさえ感じますが、二番搾り麦汁は薄くてほとんど味がしません。)

ちなみに、一般的なビールは一番搾り麦汁と二番搾り麦汁をブレンドして作られていますが、キリン一番搾りは、一番搾り麦汁のみを使用して製造される国内唯一のビールなのだとか。

その後も、全長23メートルの発酵・貯蔵タンクを模したトンネルの中を通ったり、ビールづくり近代化の三大発明に関する展示を見たり、キリンラガービールのラベルに関するエピソードを聞いたり、パッケージングの秘密を教えてもらったりと、一番搾りのうまさの秘密にせまります。

一番搾りうまさの秘密体感ツアーの最後には、キリン一番搾り生ビール、一番搾りスタウト(黒ビール)、キリン 零ICHI(ノンアルコール・ビールテイスト飲料)、キリン 午後の紅茶 ストレートティー、キリン 生茶、小岩井 純水りんご、キリンレモンの試飲ができます。試飲は1人3杯まで。

緑の参加証の人(運転する方や未成年者)は、ソフトドリンクのみ試飲可能です。

試飲とはいえ、味見ではなく、グラスになみなみとビールを注いでくれます。

キリン一番搾り生ビールは、もちろんここキリンビール名古屋工場で製造された、できたての生ビール。どこよりも新鮮な生ビールが味わえるのも、工場ならでは、ですね。

キリンビール工場限定味の「柿の種」の小袋もおつまみとしていただけます。

コクのある甘苦さの一番搾りスタウト(黒ビール)もあるので、一番搾りと飲み比べてみては。

試飲終了後は、キリンビール限定ショップ「BEER FACTORY SHOP」に立ち寄っておみやげを選ぶのも楽しいひと時。

ビールゼリーチョコレートや、ジャイアントプリッツ<マスタード&ソーセージ味>など、ここでしか買えない限定のお菓子や、グラス、Tシャツ、文房具などの限定グッズが揃っています。

「キリンビールの工場見学に行ってきたよ!」と家族や友達、同僚に渡したら喜ばれそうですね。

普段見ることのできない工場の中を見学でき、できたての生ビールやソフトドリンクなどの試飲もできる「一番搾りうまさの秘密体感ツアー」。無料でたっぷり楽しめるので、機会があれば参加してみてはいかがでしょうか。

また、ツアー後には、同じくキリンビール名古屋工場内にあるニューヨークスタイルのカフェダイニング、「BREWER’S HOUSE(ブルワーズハウス)」でのランチやディナーもおすすめです。

【関連記事】 ブルックリン・バーガーを工場直送生ビールと楽しめるキリンビール名古屋工場 BREWER’S HOUSE(ブルワーズハウス)

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

<施設概要>
名称 キリンビール 名古屋工場
住所 愛知県清須市寺野花笠100 キリンビール(株)名古屋工場
休館日 月曜日休館(祝日の場合は営業、次の平日が休館)、年末年始休館
WEBサイト http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/nagoya/tour/