台北から小旅行!ローカル列車・平渓線でノスタルジックな十分(シーフェン)へ

近年LCC(格安航空会社)の路線が充実し、ますます身近になった台湾。なかでも、初めての台湾旅行で多くの人が訪れるのが、最大の都市・台北です。台北市内はもちろんのこと、近郊にも日帰りで行ける見どころが充実しているのが人気の理由。

台北から足を延ばしたい見どころのひとつが、十分(シーフェン)。鎌倉の江ノ電に似た雰囲気のローカル線・平渓線沿いでもっとも多くの観光客でにぎわう街です。

十分へのアクセスは、台北駅から台鉄で瑞芳駅まで行き、平渓線に乗り換えて十分駅で下車。台北から十分までの所要時間は、およそ1時間半です。

十分の魅力は、なんといっても山に囲まれたノスタルジックな街並み。駅から続く橋の上からは、山をバックにしたレトロな十分の街並みが見渡せます。

十分駅を降りてすぐに広がる古い街並みが、十分老街。平渓線の線路を挟むようにして、食べ物屋台や天燈(ランタン)のお店などが連なっています。

まったりとした田舎町の雰囲気に、心もほっこり。

十分といえば、天燈上げが有名。毎年旧正月には、多くの人々が願いごとを書いた天燈をいっせいに夜空に放つ行事「天燈節」があります。天燈節の時期でなくても、十分では随時天燈上げを楽しむことができますよ。

天燈の色にもそれぞれ意味があるので、自分の願いに合わせた色の天燈を選び、願いごとを書き、空に放ちます。旅の記念に、あなたもひとつ飛ばしてみてはいかがでしょうか。

街の真ん中を線路が走る十分では、天燈上げは線路の上で行います。

一時間に一本の列車が通るときは、「列車が来るから線路から離れて!」とちょっとしたイベントのような雰囲気に。商店街の間近を列車が通る様子は、十分ならではのユニークな光景です。

十分駅の周辺を散策するだけでも、独特のゆったりした雰囲気を楽しむことができますが、せっかく十分に来たなら十分瀑布にも足を延ばしましょう。

十分駅から15分ほど歩いたところにある十分瀑布は台湾最大の滝で、そのカーテン状の形から「台湾のナイアガラ」とも呼ばれています。規模は本物のナイアガラには敵いませんが、ごうごう音を立てて流れる滝は予想以上の迫力。

滝の周辺には3つの展望台が設けられていて、さまざまな角度や距離から十分瀑布を堪能することができます。

水音を聞きながらマイナスイオンに包まれているうちに、いつの間にか無心になって心が洗われたような気になれるはず。

十分瀑布を中心とする十分瀑布公園は、ちょっとしたハイキングコース。自然に包まれて、ゆっくりと流れる時間を心ゆくまで味わってください。

古い街並みと周囲の自然が生み出すのどかな風情が魅力の十分。平渓線沿いには、ほかにも猫の村として知られる侯硐(ホウトン)、日本式駅舎や老街の残る菁桐(ジントン)など、魅力あるスポットがあります。平渓線で途中下車の旅を楽しむなら、瑞芳駅で平渓線の一日乗車券を買って乗り降りするのがおすすめ。

また、「千と千尋の神隠し」の世界を彷彿とさせると人気の九份へは十分からタクシーで約40分。瑞芳駅からバスで行くこともできます。

午前中から平渓線を観光して午後に九份へ向かえば、十分と九份という台北近郊の2大観光地を一日ではしごすることもできてしまいます。

台北市内とはまた違った魅力がたっぷりの、自然と調和したノスタルジックな風景を堪能してみませんか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア