「東欧のパリ」ハンガリー・ブダペストの王宮は絶景、要塞、地下迷宮など見どころ満載!

ハンガリーの首都ブダペストは、「東欧のパリ」と称される美しい街。

市内中心を南北を流れるドナウ川を挟み「ブダ」と「ペスト」2つのエリアに分かれています。西側の「ブダ」エリアは、かつて王族が暮らしたエリア。巨大な緑色のドームを持つ「ブダ王宮」はブダペストのシンボル的存在。

ブダ王宮はドナウ川沿いの美しい街並みを一望できる絶景が有名ですが、実は要塞や地下迷宮など他にも見どころが盛りだくさん。それでは、ブダペストの王宮を覗いて見ましょう!ドナウ川に架かる「セーチェーニ鎖橋」は、夜になると美しくライトアップされ、ナイトクルーズの見どころの一つ。第二次世界大戦時にドイツ軍によって破壊され、その後修復されたのが現在の姿です。「ブダ王宮(Budavári Palota)」は現在、博物館や美術館、図書館として利用されています。13世紀半ばにモンゴルの襲来から逃れたハンガリー王のベーラ4世がこの地に王宮を構え、その後何度も改修されています。

14世紀にラヨシュ1世により増築、15世紀にはカラフルな美しい教会「マーチャーシュ聖堂」の呼び名の由来であるマーチャーシュ1世が、イタリアから芸術家を呼び寄せ、ルネッサンス様式の芸術が取り入れられました。

中世のブダペストは、東欧のルネッサンス文化中心地として名を馳せたのです。緑のドーム屋根が美しい王宮は、戦争や火災など何度も被害を受け、その度に復旧しました。その姿は長期に渡って他国の支配を受けたハンガリーの歴史と重ねられ、国民の心の拠り所でもあります。

数奇な運命を辿った王宮は、16世紀にブダペストがオスマントルコに占拠された際に、壊滅的被害を受けます。その後復旧されますが19世紀半ばに火災の為焼失。再度立て直されたものの、第一次世界大戦、第二次世界大戦で被害を受けるのです。

戦後に復旧した王宮は、ハンガリーの象徴的な存在となりました。ブダの王宮の一番の見どころは、ドナウ川沿いの美しい街並みを一望できること。
有名な茶色い玉ねぎ型のドームを持つ国会議事堂や、ドナウ川に架かる美しい橋を写真に収めるベストスポットです。

ブダ王宮にあるカフェ「ブダペスト テラス(Budapest Terrace)」は美しい景色を眺めながら、カフェメニューからコース料理まで頂けるお店です。ブダ王宮は「ブダ城」と訳されることもあり、その名に相応しい強靭な要塞が置かれていました。「ブダ王宮の要塞(Budavári nagy rondella)」は、かつて城を守った要塞群が復元されています。

見張り塔や外敵から身を守りながら攻撃できる小さな窓に注目です。

重厚感のある分厚い壁の円形の要塞や王宮全体に張り巡らされている要塞から、戦に備えて厳重に警備されていたことが分かります。まったく隙を見せない強靭な要塞の姿は、美しいとさえ感じます。

ブダ王宮のある王宮の丘には地下迷宮があり、広大な敷地内に洞窟が巡らされています。長い歴史の中でワインセラーや監獄、軍事施設として使われていました。
観光客にも一部開放されているので、時間があればぜひ立ち寄って見てください。王宮の要塞を抜けると「キャッスルガーデンバザール(Várkert Bazár)」というレストランやイベントホールなどが入る複合施設が営業しています。ルネッサンス様式の建物には、繊細なアートが描かれており必見。歴史的な観光名所でありながら、敷地内への入場は無料で気軽に立ち寄れるのが嬉しいポイント。あなたも是非ブダ王宮へぜひ立ち寄って見ませんか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 ブダ王宮(Budavári Palota)
住所 Budapest, Szent György tér 2, 1014 ハンガリー
アクセス トラムまたはバスの「Clark Ádám tér」駅下車後、徒歩またはケーブルカー乗車(ケーブルカーは往復1700フォリント)
公式サイト http://www2.budavar.hu/index.php?menu=136
料金 敷地内入場無料、博物館入場は大人1800フォリント、学生900フォーリント