自由が丘のコの字カウンターで味わう絶品のウナギ / 東京都目黒区自由が丘の「ほさかや」

モンブランの発祥のお店絶品のパンケーキを味わえるお店、さらにはこだわりの美味しいチョコレートオーストラリア発祥のヘルシーフードなど、さまざまなスイーツやグルメを味わえるオシャレな街といえば東京都目黒区の自由が丘。

多くのオシャレスポットがあるこのエリアに、昭和ノスタルジー溢れるウナギ居酒屋があることをご存知だろうか?

それが今回ご紹介するお店「ほさかや」だ。

・1949年創業の老舗
こちらのお店、日本が終戦を迎えて4年後の1949年(昭和24年)に創業された老舗中の老舗のウナギ屋。

1949年(昭和24年)と言えば、今では考えられないが、1ドルが360円に固定され、戦後団地の第1号として東京・新宿に都営戸山ハイツ1053戸が完成した年。

高度経済成長の入り口にたった日本が明るい将来に向かって突き進んでいた、そんな時代に、こちらのお店は産声を上げたのだ。

以来、70年弱に渡って、自由が丘で美味しいウナギを提供している、それがこの「ほさかや」なのだ。

・自由が丘が誇る絶品のうな重、それがほさかやのうな重
そんな昭和の雰囲気たっぷりの「ほさかや」であじわいたいのが、この店でもっとも高いメニュー、うな重だ。

外側はパリっと、そして内側はふっくら柔らかく仕上げられたウナギは、非常に滑らかな舌触りで、口の中でほどけていく。

少し固めに炊き上げられたご飯に、サッパリとしたタレ、そのどれもが、素晴らしい塩梅なのだ。

そんな最高のうな重が2500円と、お財布にも優しいのが「ほさかや」のウナギなのだ。




・真骨頂はウナギの串で一杯
もちろんうな重やうな丼も素晴らしいのだが、こちらのお店の真骨頂は、やはりコの字のカウンターで頂く、ウナギの串と、それをツマミに一杯やることだ。

ヒレやキモなどの濃厚なウナギのウマミを感じられるメニューに加えて、


さっぱりとしたキュウリとウナギを酢のものとして提供するウザク

そして、ワサビでいただくウナギの白焼き串。

そんな美味しいウナギの味わいを好みの酒で流す、まさにこれこそ、ほさかやの真骨頂だ。

もし、自由が丘を訪れる事があるのであれば、地元の常連さんに混じって、このお店の暖簾をくぐってみてはいかがだろうか?

きっとそこには、オシャレな街として知られている自由が丘がもつ、本当の骨太の姿を感じる事が出来るに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ほさかや
住所 東京都目黒区自由が丘1-11-5
営業時間  11:30~14:00 / 16:30~21:00
定休日 日曜日



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : ほさかや

住所 : 東京都目黒区自由が丘1-11-5