日本の人気リゾート地、軽井沢・富士山中湖・伊豆修善寺・琵琶湖・南紀白浜にマリオットホテルが開業

2017年7月28日(金)、世界約60カ国に500軒以上のホテルとリゾートを展開するグローバルホテルブランド「マリオットホテル」が、 軽井沢・富士山中湖・伊豆修善寺・琵琶湖・南紀白浜の5カ所に誕生します。

今回の開業にあたり、森トラストグループとマリオット・インターナショナルによる発表会が開催されました。


7月28日(金)に開業する軽井沢マリオットホテル(長野県)、富士マリオットホテル山中湖(山梨県)、伊豆マリオットホテル修善寺(静岡県)、琵琶湖マリオットホテル(滋賀県)、南紀白浜マリオットホテル(和歌山県)は、森トラストグループが運営する「ラフォーレホテルズ&リゾーツ」の施設をマリオットホテルブランドにリニューアル。

それぞれ豊かな自然や歴史に満ちた日本の訪れるべきリゾート地として、今後海外からの注目も高まるエリアに立地しており、それぞれの特長を生かしながら、リゾートらしいゆとりある空間とマリオットのインターナショナルなおもてなしが魅力となります。


オープンにあたり、各ホテルの経営・運営会社である森トラスト株式会社 代表取締役社長 伊達美和子氏は、「豊かな自然や歴史文化に恵まれたこれら新たなデスティネーションでの体験は、世界水準のホテルブランドがお届けするサービスとともに、これまでには無かった想い出深い日本の旅を提供することでしょう。今回のホテルの誕生が、観光から地方創生を盛り上げる新時代の幕開けとなることを願っております。」とコメント。

また、マリオット・インターナショナル アジア太平洋 社長兼マネージング・ディレクターのクレイグ・S・スミス氏は「今回、森トラストグループとともに、日本の地方創生のきっかけとして5つのマリオットホテルの開業ができることを大変喜ばしく思います。新しい世代の旅行者が求める『新しい体験』を、各ホテルからお届けできることが非常に楽しみです。」とコメントしています。


オープンする5つのマリオットホテルの開業を記念した宿泊プラン「JapaTabi Holiday(ジャパタビ ホリデー)」では、各地の魅力を盛り込んだオリジナルJapaTabiカクテル(ノンアルコール)を楽しむことが出来ます。


・開業記念宿泊プラン「JapaTabi Holiday(ジャパタビ ホリデー)」

期間:2017年7月28日(金)〜2018年3月31日(土)泊
内容:スーペリアルームクラスの標準客室での宿泊
   オリジナルJapaTabiカクテル
   ブッフェスタイルの朝食
料金:一室2名利用時 一名12,000円より
予約:各ホテルWEBサイトにて

海外からの旅行客にあまり知られていない日本のリゾート地や、国内からもなかなかアクセスが難しい場所なども、今回の5つのホテルの開業により、日本の素晴らしい自然の美しさ、文化、歴史や、マリオットホテルブランドのモダンコンフォートとスタイリッシュなデザインが共に楽しめるようになる、新しい5つのマリオットホテル。

伊豆、琵琶湖、軽井沢、山中湖、南紀白浜にお出かけの際は、新しく開業するマリオットホテルに滞在してみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

軽井沢マリオットホテル ホームページ
富士マリオットホテル山中湖 ホームページ
伊豆マリオットホテル修善寺 ホームページ
琵琶湖マリオットホテル ホームページ
南紀白浜マリオットホテル ホームページ