いま注目の世界遺産、マケドニアの至宝・オフリドを一望するサミュエル要塞

旧ユーゴスラビアの最南端に位置するバルカン半島の国、マケドニア。

日本ではほとんどなじみのない小国ですが、近年じわじわと人気が高まりつつあるのが、マケドニアが誇る世界遺産・オフリド。中世の時代にはスラブ世界におけるキリスト教文化の中心地として繁栄し、「マケドニアのエルサレム」とも呼ばれたほどでした。

オフリドの魅力はなんといっても、教会をはじめとする歴史遺産と、周囲の豊かな自然とが調和した優しい風景。なかでも、オフリドきっての絶景スポットが、旧市街の丘の上に建つサミュエル要塞です。

サミュエル要塞は、マケドニアで最も保存状態の良い要塞で、10世紀末から11世紀はじめごろにかけて、オフリドにブルガリア帝国の都を置いた皇帝・サミュエルによって建設されました。

要塞内部はかつての砦の台座が一部残っている程度で、これといった見どころはありませんが、外壁に沿って歩くことができ、絶景散歩が楽しめます。

旧市街の坂を上って頂上にたどり着くと、サミュエル要塞の堅牢な門が迎えてくれます。

門をくぐって中に入り、階段を上れば、眼下一面にオフリドの風景が。

上ってきた方向を見ると、山と湖、そして古い民家や教会が建ち並ぶ旧市街とが見事に調和した美しい景色に息を呑みます。

そのまま湖岸に沿うようにして歩いていくと、湖畔に建つ聖パンテレモン教会の姿が目に入ります。オフリドの宗教的繁栄を牽引した聖クリメントによって建てられた教会で、オフリドを代表する教会のひとつです。

その奥には、空と一体化しているかのような青く透き通ったオフリド湖がどこまでも続いています。

オフリド湖は面積348キロ平方メートルの広大な湖にして、ヨーロッパ最古の湖。まるで海のような雄大な姿は、悠久の時をまるごと包み込むような自然の優しさと力強さを感じさせます。

さて、湖と反対側に目をやると、山のふもとに新市街が広がっています。

あちこちに展望台が設けられているサミュエル要塞では、場所によってさまざまに異なるオフリドの表情を楽しむことができるのです。

世界遺産といえど、まだまだ観光地化されきっておらず、素朴な日常の風景が随所に見られるのが魅力のオフリド。

ここ、サミュエル要塞も、観光客でごった返しているということはあまりありません。ゆっくりと時間をかけて、穏やかに流れるオフリドの時間を感じてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア