100種類以上のメニューから絶品のジャパニーズ・スパゲッティを味わえる名店 / 東京都中央区八丁堀の「マイヨール」

今や、日本人の食卓に深く浸透している食材の1つパスタ。

パスタが日本に初めて登場したのは、幕末の横浜外国人居留地だったといわれている。その後、明治時代になり輸入パスタが一部の愛好家の間で食べられていたのだが、日本人にとってパスタは食べ物であるという認知は非常に低い状況であった。

そんな状況を変えたのが1955年(昭和30年)に日本マカロニから発売されたマカロニ。

今では多くの人々が家庭でも美味しいパスタを味わい、外食では本場イタリアにも負けないほどの美味しいパスタを味わえるようになっているのだ。

今回は、そんな日本人の食卓に極々最近広まったパスタを使った料理を、絶品の味わいで提供してくれるお店の1つをご紹介したい。

お店の名前は「マイヨール」だ。

・惜しまれつつ閉店したハシヤ系パスタの1つ、それがマイヨール
こちらのお店、1972年創業・代々木八幡の名店として名高いスパゲティ屋「ハシヤ」で修業された経歴を持つシェフが腕を振るう名店。

ハシヤとは、東京のスパゲッティを語る上で外せない和風パスタの名店のこと。

1972(昭和47)年に代々木八幡で創業したハシヤは和風パスタの老舗で、数々の独立店を輩出したほどの名店。

メニューは、トマト系、バター系、クリーム系などに分かれており、トッピングのバリエーションも豊富で、どのメニューも非常に美味であった。

残念ながら現在はお店は閉店してしまっているのだが、そんな伝説の名店「ハシヤ」の系譜を受け継ぐお店、それこそがマイヨールなのだ。

・最高のジャパニーズ・パスタ、それが「ウニ・タラコ・イカ」
美味しいジャパニーズ・パスタを味わえるお店「マイヨール」にはトッピングの組み合わせも考えると、実に100種類以上のメニューが存在している。




そんな様々なメニューの中から、最もオススメしたいのが、バター和えの中から、ウニ・タラコ・イカの贅沢なパスタ。

もし可能であれば、そこに青じそをトッピングして欲しい。

パスタが提供されると、海苔と青じその香ばしく爽やかな香りが鼻腔をくすぐる。

ひとくち味わえば、濃厚なウニの味わいとタラコのプチプチ感、そしてイカの楽しい食感、それらが三位一体となり、美味しいバターによってまとめあげられていることが分かる。

そして海苔の美味しい香りと青じその爽快な香りが爽やかに、味わう度に喉と鼻とを楽しく駆け抜けていく。

少しバターの濃厚な味わいを変えたい、そんな方には、タバスコをトッピングしてみることをオススメしたい。

タバスコをトッピングすることでタラコは爽やかで美味しい辛子明太子のような味わいへと変わり、ウニやイカも軽やかな酸味と辛みとが相まって、より味わい深くなるのだ。

本場イタリアンのパスタでもなく、奇をてらった食材を使ったパスタでもない、まさに日本人が大切にしてきた食材や美味しいと感じる味わいを、そのままパスタと合わせた、日本とイタリアンの融合とも言える、マイヨールのパスタ。

もし八丁堀を訪れるのであれば、こちらのお店で日本人の大好きな味わいを楽しんでみてはいかがだろうか?

そこでは、ジャパニーズ・パスタと呼ぶにふさわしい、本当に美味しい和風パスタを味わえるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 マイヨール
住所 東京都中央区八丁堀2-30-18 八丁堀ジョンソンビル 1F
営業時間 月~金 11:00~21:00 / 土 11:30~14:00(L.O13:50)
定休日 日・祝