厳選された素材で作られた至高の醤油ラーメン / 東京都中央区日本橋室町の「なな蓮」

江戸時代、五街道の起点となり、水上交通や町人街の発展により賑わいを見せた日本橋。

そんな日本橋は、江戸時代から現在まで続く老舗が軒を連ね、今も昔も様々な選りすぐりの物産が集まる場所として有名な場所。

かつては海に面した土地には運河や河岸が多数設けられ、問屋の倉庫が白壁を見せて並ぶ景色は、江戸時代に多く描かれた錦絵にも見る事ができるほどだ。

現代に目を移すと、日本橋三越や高島屋などの老舗百貨店を中心にオフィスビルが建ち並び、平日も休日も多くの人々が息づく町となっていることがわかる。

そんな日本橋には、舌の肥えた食通をもうならせる絶品の味わいを楽しめるお店が数多く存在する。

例えば、あのタモリさんも唸らせた立ち食い蕎麦の名店「そばよし」や、東京一おいしいポークソテーとの呼び声高い人形町「そよいち」のポークソテー、親子丼発祥のお店「玉ひで」、そして辛口で有名な有吉さんが絶賛する割烹料理店「辰巳」、さらには、たい焼き御三家の1つ「柳屋」のたい焼きなどなど、他にも美味しいラーメン熟成肉焼き鳥に至るまで、こだわり抜いた名店が軒を連ねている。

そんな美味しいお店がひしめく日本橋に、何から何までこだわり抜いた、絶品のラーメンを味わえるお店がある事をご存知だろうか?

今回ご紹介するのは、そんなこだわりのラーメン店「なな蓮(ななはす)」だ。

・シックで粋、まさにオトナのラーメン店、それが「なな蓮(ななはす)」のスタイル
ともするとラーメン店は、ただラーメンを食べるだけ、という場所になってしまうかもしれない。

しかしこちらのお店は違う。

黒で統一されたスタイリッシュな店内は、シックで粋。浮ついたオシャレ感ではなく重厚なこだわりが詰まっている。

お客をもてなすことを中心に据えた店内では、美味しいダシが香っており、まさに至高のラーメン店となっているのだ。

・美しくセクシーなラーメン
オーダーすると丁寧に作られたラーメンが着丼する。

妖艶なまでのスープの香りは、オトナの色香を感じさせるほどなのだ。

香りにいざなわれるようにスープをひとくち味わえば、最高のラーメンタイムがスタートする。

比内地鶏を中心とした鶏のダシは、淡麗でありながら、余韻の長い味わい。

その鶏のダシにぐっと力強さを加えているのは、秋田県湯沢市の石孫本店の手作り醤油「百寿」。

厳選された素材を、丁寧に扱っているからこその味わいは、ダシだけでも味わう価値があると言える絶品スープとして表現されている。

そして、その絶品のスープにあわせられているのが、最高の麺。

4種類の厳選された国内産の小麦を、毎日製麺しているというこちらの麺は、噛み締めるたびに小麦のウマミと香りを感じることができる。

そして最高の茹で加減で提供される絶品のこだわり麺と、スープとの相性は言うまでもない。

ため息まで美味しい、と表現したくなるほどの、おいしいラーメンの余韻を強烈に感じる事ができるのだ。

もちろん、麺とスープだけでも十二分に美味しいラーメンゆえ、トッピングについても言及する必要がないほどの味わいだ。

なかでも特筆すべきはチャーシュー。

こちらのラーメンには、豚バラと豚肩ロースの2つの部位がトッピングされており、1つのラーメンで2種類の美味しいチャーシューを味わうことができる。

また美味しいチャーシューとスープとの相性は抜群だ。

もし江戸の中心・日本橋を訪れたのであれば、こちらのお店で最高のラーメンを味わってみてはいかがだろうか?

きっとそこには、この場所でしか味わえない、まさに日本のラーメンの魂のような味わいが待っているに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 なな蓮(ななはす)
住所 東京都中央区日本橋室町1-8-7 東信室町ビル 1F
営業時間 11:00~スープ終了まで(約20:00目処)
定休日 不定休
公式HP https://www.nanahasu.com/