路地裏に佇むオトナのための美味しいトンカツ店 / 東京都千代田区神田小川町の「ポンチ軒」

香ばしいラードの香りに、サクサクの衣。ジューシーな肉のウマミと脂の競演。ソースをたっぷりとかけてアツアツのご飯と一緒に頬張れば……

そんな料理の味わいを想像するだけで唾液が溢れてくる料理の1つと言えばトンカツだ。

日本全国に数多のトンカツ店があり、そのお店そのお店が独自の工夫を凝らしており、一番美味しいトンカツを決める事は難しいに違いない。

例えば、蒲田の名店「丸一」同じく蒲田で人気の「檍(あおき)」、そして浅草橋の「丸山吉平(まるやまきっぺい)」などは、林SPFという豚肉ブランドを知っている方からすれば、当然おいしいトンカツ店と言えるだろう。

また、東京・秋葉原の名店といえば「丸五(まるご)」であるし、トンカツ発祥の地といえば、東京・銀座の煉瓦亭(れんがてい)である。さらには、ミシュランの星を獲得した絶品のトンカツを味わえるお店、世田谷区玉川の「大倉」も捨てがたい。

もちろん東京だけではない。

例えば、広島のソウルフードの1つといってもいいほどの名店「肉のますゐ」のトンカツに、長野県木曽町にひっそりとたたずむ「しらかべ」のパンケーキのようなトンカツ、そして新潟タレかつ丼発祥の店、新潟県・新潟市「とんかつ太郎」など、全国に目を向ければ、数え上げる事すら難しいのだ。

そんな日本各地に存在するトンカツの名店の中から、今回は神田・小川町に佇む1軒のお店をご紹介したい。

お店の名前は「ポンチ軒」。

・路地裏に佇む、オトナのトンカツを味わえるお店、それが「ポンチ軒」
実はこちらのお店は、ミシュランのグルメガイドによって、ビブグルマン(星はつかないけれども、5000円以下でコストパフォーマンスが高いお店)に何度も選ばれている、トンカツ好きには有名なお店。

店構えから内装に至るまで、一般的に想像しているトンカツ屋ではなく、女性が1人でも気兼ねなくトンカツを味わうためにお店を訪れる事が出来る、そんなオトナのトンカツを味わえるお店なのだ。

もちろん見た目だけではなく、その味わいも一級品であることは、ここのトンカツを味わってみれば分かる。

・ジューシーな肉のウマミをたっぷり味わえるヒレ
こちらのお店では何を頼んでも美味しい味わいを堪能できるため、オススメは全てのメニュー、といっても過言ではない。

その中から悩み抜いてオススメするとすれば、ヒレ。

ほんのりと中心がピンク色に仕上げられたヒレは、ひとくち噛み締めるとしっかりと肉の形を感じられるのだが、その次の瞬間には肉の形が分からなくなってしまうほど、噛み締めるたびにジューシーな肉汁が溢れてくる。

もちろん塩でもお店オリジナルのトンカツソースでも美味しいのだが、八角の香りが嫌いでないのであれば、オススメは卓上のスーパー太陽ソースだ。

ジューシーな肉汁のウマミと、どこか中華の香りのするウスターソースとの相性は何とも言えない、他の場所で味わった事の無いトンカツを味わう事ができる。

・お店の名前がついたポンチカツ
実はこちらのお店にはお店の名前がついたメニューが存在する。それがポンチカツだ。

ポンチカツとは、長ネギをロース肉で巻いて上げたもの。

豚肉のウマミと甘み、ネギの香りと甘み、そしてそれらを引き締めるブラックペッパーがたまらない味わいを演出してくれる、この店オリジナルのメニューなのだ。

こちらのメニューには、お店特製の柚子ペッパーソースがよく合う。

これだけカツがウマいのだから、もちろん、ご飯に漬け物、そして具沢山の豚汁の美味しさは言うまでもない。


手抜かりの無い、本物の仕事をしたトンカツを味わうために、神田・小川町の路地裏にたたずむこちらのお店を訪れてみる、そんな小さな旅に出かけてみてはいかがだろうか?

きっとそこには、このお店が日々研鑽を重ねている、そんな1つ1つの積み重ねのような、深い味わいを感じられるトンカツを味わえるに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ポンチ軒
住所 東京都千代田区神田小川町2-8 扇ビル 1F
営業時間  11:15~14:00 / 17:30~20:30
定休日 日曜日
お店のHP http://www.shunkoutei.com/ponchi/