立ち食いうどんマニアが最後にたどり着く最高のお店 / 富山県小矢部市の石動駅(いするぎえき)「麺類食堂」

うどんと言えば、讃岐うどんや稲庭うどんなど、全国各地にさまざまなうどんがあり、独自の進化を遂げている。

讃岐や稲庭だけでなく、長崎県には五島うどんがあり、群馬県には水沢うどん、富山県には氷見うどんなど、単純にうどんそのものの種類もたくさんあり、そのうどんに合うツユや具が、それぞれの地域でそれぞれの味を醸成してきたのだ。

例えば、3年連続日本一のうどんに選ばれた群馬県・館林の「花山うどん」に、老舗フレンチと讃岐うどんの極上のコラボを楽しめる東京・神田「香川一福」のカレーうどん、さらには福岡県北九州市小倉に存在する焼うどん発祥の店「だるま堂」や、やかんの中にうどんが入っているという唯一無二のうどんを味わえる福岡県福岡市博多区の「博多あかちょこべ」に、大阪天満宮の名物「すべらんうどん」、さらにはぶっかけうどん発祥の店香川県高松市「うどん本陣 山田家 讃岐本店」などなど、数え上げればキリがない。

そんな日本中に数えきれないほど存在するうどん店の中に置いて、立ち食いうどんマニアが最後にたどり着くと言われる聖地がある。それが今回ご紹介するお店、富山県小矢部市にある「麺類食堂」だ。

・初見で読める人がほぼ存在しない地名「石動駅(いするぎえき)」の名店
こちらのお店、能登半島の付け根の中心と言ってもいい場所、富山県小矢部市に存在しており、あいの風とやま鉄道線の石動駅(いするぎえき)の駅のうどん・そばのお店として、地域の方々に親しまれている。

その親しまれ方たるや、ハンパではない。年末年始のお雑煮の代わりにと、鍋を抱えて地元の方がお店を訪れるほど。

地元で愛されるダシの効いた絶品うどんの味わえるお店として、この地の人々を魅了し続けているのだ。

・ため息まで香る美味しいダシとうどんの競演
こちらのお店、様々なメニューが存在しているのだが、オススメは天ぷら月見うどんだ。

美味しいダシをしっかりと吸い込んだ小エビの天ぷらは、美味しいダシの中にほろほろとほどけていく。

そこに生卵の甘みが加わるのだから、美味しくない訳がない。

また富山名物の赤巻かまぼこが薄くスライスされており、この地でしか味わえない美味しい駅の立ち食いうどんを形成しているのだ。

・残念ながら今年度末で建て替え工事へ
非常に残念なのだが、こちらのお店、駅の老朽化に伴い今年度末で建て替え工事が行われるとのこと。

そのため、これまで愛されてきたお店とは今年度でお別れなのだと言う。

古くから愛されてきた石動駅の雰囲気でいただけるのは、あと1ヶ月とすこしという状況なのだ。

もし、金沢や富山を旅する事があるのであれば、観光地のさらにその奥へと足を伸ばしてみてはいかがだろうか。

その場所で生まれ育った人間にしか分からないテレビのコマーシャルがあるように、その場所でしか存在していない美味しいグルメが日本全国に存在している。

そんな地元の方々に愛され続けている、本当の地元の味わいに舌鼓を打つ旅。

そんな旅に出かけたのなら、大げさかもしれないが、きっとこの世に産まれてきた幸せを、これまでよりも、ほんの少しだけ感じられるのかもしれないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 麺類食堂 (めんるいしょくどう)
住所 富山県小矢部市石動町11-10 石動駅構内
営業時間 5:30~21:00
定休日 なし