築100年超の町家を改装して新オープン「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」

サードウェーブコーヒーの代表格として知られる、アメリカ・カリフォルニア生まれの「ブルーボトルコーヒー」。

2015年、東京・清澄白河に日本一号店をオープンして瞬く間に人気を博して以来、青山や三軒茶屋、六本木などに出店。東京で7店舗を展開するまでになりました。

そして2018年3月23日、京都・南禅寺エリアに記念すべき関西一号店「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」を開店したのです。

抹茶など日本茶のイメージが強いながら、京都はコーヒーの消費量が日本でもトップクラスのコーヒー激戦区。そんな京都のカフェ市場に打って出たブルーボトルコーヒーの店舗とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

臨済宗大本山、創建1291年の南禅寺の参道脇にたたずむレトロな建物。ここが、ブルーボトルコーヒー 京都カフェです。

寺社仏閣が建ち並び、古都の情緒が薫り立つ京都にふさわしく、築100年を超える2層構造の伝統的な京町家をリノベーションしたこだわりの和モダン建築。

江戸時代中期の建築様式と京町家の特性を生かしつつも、ブルーボトルコーヒーならではの開放感あふれる洗練された空間に仕上がっています。

ブルーボトルコーヒーの存在を知らず、たまたま通りかかっただけであってもつい入りたくなってしまう、古いのに新しい、不思議な引力をもつお店です。

古い町家を店舗として活用した背景には、「伝統を守りながらも、新しいもの・ことへの探求心も大切にする京都のように、ブルーボトルコーヒーも基本を守りつつ更なる進化を遂げていきたい」というCEOブライアン氏の思いがあったのだとか。

ブルーボトルコーヒー 京都カフェは、「コーヒーの楽しさをもっと身近に」をコンセプトに、カフェスペース、ショップスペース、カッピングスペース、中庭の4つに分かれたゆったりとした空間。

ブルーボトルコーヒーの店舗としては日本最大の、およそ453平米の敷地に44席を備えたカフェを設け、ゆったりとカフェタイムが過ごせるのはもちろんのこと、オリジナルグッズを購入したり、中庭で紅葉を楽しんだりすることもできるようになっています。

カフェの店内は、世界中から観光客が訪れる日本屈指の観光地だけに、店内は世界各地からやってきたコーヒー好きたちでいっぱい。

そこにいる誰もが、情緒ある町家に大きなガラス窓や高い吹き抜けの天井といったモダンデザインを融合させた、ハイセンスな空間に目を輝かせています。

高い天井を見上げると、あえてしっかり塗り込まず、未完成のような状態で仕上げた壁がヒップな雰囲気を漂わせていておしゃれです。

カウンターでは、5年を費やして開発されたという有田焼のドリッパーを使い、バリスタが一杯ずつ丁寧にコーヒーをドリップする光景が。

自社のロースタリーで焙煎された新鮮なコーヒー豆のみを使用し、素材本来の特長を最大限に引き出す抽出方法で淹れるブルーボトルコーヒーは、コーヒー好きの舌も満足させています。

各種コーヒーのほかに焼菓子も楽しむことができ、ブルーボトルコーヒー 京都カフェでは、和素材である抹茶とミントを組み合わせた「グリーンティーミントクッキー」を先行販売中。

抹茶とミントなんて意外な組み合わせですが、抹茶の苦みとミントの爽やかさは思いのほか相性が良く、後味すっきりの斬新な抹茶スイーツです。

全国屈指のコーヒー文化を誇る京都の新顔「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」。京都に行く楽しみがもうひとつ増えました。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」
住所:京都市左京区南禅寺草川町64
営業時間:8:00〜18:00