京都・八瀬『瑠璃光院』の青もみじ初のライトアップが幻想的!今季初、夜の特別拝観へ

桜の季節も過ぎ、京都はすっかり初夏。透き通るように青々としたもみじが美しい季節になりました。比叡山の麓、八瀬エリアでは、格調高い落ち着いた雰囲気で青もみじを楽しむことができます。

八瀬エリアの一角に佇む『瑠璃光院』。通常は非公開ですが、春と秋の年2回のみ特別公開しており、混雑時は4時間待ちとなる人気寺院です。

そんな『瑠璃光院』は、初めて青もみじの季節に5月12日〜6月10日(土曜・日曜計10日間)の期間限定で、「夜の特別拝観」を楽しむことができます。

「夜の特別拝観」は、京都洛北八瀬地区活性化に向けた取組の一環で、東海旅客鉄道株式会社と京阪ホールディングス株式会社とのコラボレーション企画。貸切プランとして特別公開されます。

最寄駅は、叡山電車「八瀬比叡山口」駅。高野川の清流に沿って歩き、吊り橋を渡ると、『瑠璃光院』の趣のある山門が目に入ります。

・瑠璃色に輝くライトアップが幻想的な「瑠璃の庭」

一階は、瑠璃色に輝く浄土の世界を表わした当寺の主庭。数十種の苔のじゅうたんで覆われた庭のライトアップは幻想的。

夜間拝観時には不定期ですが、楽器の演奏を楽しむことができます。

・2階の「書院」から望む、初の青もみじのライトアップ

2階は、典雅な中にも匠の技が光る名建築。一歩足を踏み入れると、青と紅のコントラストが美しい青もみじのライトアップが一面に広がっています。幻想的な情景は思わずため息がでるほど。

『瑠璃光院』夜の特別拝観で注目していただきたいシーンです。ぜひ思い出と一緒に、心のフィルムに焼き付けてみてください。

・日本一の標高差561mを誇るケーブルで京都市街が一望できる

『瑠璃光院』近くの「ケーブル八瀬」駅から、今もなお歴史を刻み続ける叡山ケーブルで比叡山に上がり、壮大な自然風景と京都市街を一望することができます。

夜になれば京都市街の夜景が楽しめ、まるで夜空を空中散歩をしているかのよう。心も身体も癒される風景を楽しんでみては。

・八瀬もみじの小径ライトアップ

さらに、叡山「ケーブル八瀬駅」に隣接している「八瀬もみじの小径」では、約3,700㎡の敷地内に自然あふれるもみじエリアがあり、初の青もみじライトアップを行っています。

この夏、八瀬エリア全体では美しい青もみじをさらに盛り上げてくれ、夏の思い出のひとつとなることでしょう。

初夏の京都は透き通るように美しい青もみじが魅力です。この機会に八瀬エリアの幻想的な夜の青もみじを鑑賞しに行ってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

「八瀬もみじの小径ライトアップと瑠璃光院 夜の特別拝観」
実施期間 5月12日〜6月10日 土曜・日曜(計10日間)
開催時間 瑠璃光院拝観時間 19:00〜20:30(最終受付 19:45)
募集人数 1日 150名限定
商品内容 瑠璃光院ライトアップ拝観+叡山ケーブル往復乗車券
販売価格 6,000 円(税込)
参考HP http://souda-kyoto.jp/travelplan/rurikoin_yase_sp/
その他 申し込みは首都圏・静岡在住の方のみ
(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、静岡県)