タイの首都バンコクの正式名はバンコクではない!?実は長すぎて誰も覚えていない!

thai110

タイの首都バンコク。バンコクと言えば東南アジアの経済を牽引し、力強い成長を遂げている活気の溢れる街。

そんなアジアの熱が溢れるバンコクは、ビジネスマンだけでなく、多くの旅人をも魅了し、世界中のバックパッカーが集まるカオサンロードがある町としても有名です。

そんな日本人にも親しみがあり、身近ともいえるバンコクですが、実はバンコクの儀式的正式名称はとても長く、バンコクではない、という事をご存知でしたか?

じつはタイの首都はタイ語ではこのように表記されるようです。

何がなんだかわかりませんので、カタカナ読みではこのようになるようです。

クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット

非常に長すぎてタイに住んでいる人達も覚えられない!というか覚えるつもりもない!ということでタイの人たちは最初の言葉をとって「クルンテープ」と呼んでいるそうです。ちなみにクルンテープはタイ語で「天使の都」という意味。

なぜこんな長い名前になったのか?ということですが、初代シャム国王が遷都した時に、偉大な都市である、という意味を込めてたくさんの修飾語をつけて儀式名にしたため、とってもなが〜い名前になったそうです。

いまでも本当にこんな長い名前だったら大変ですね。例えば、全日空のバンコク支店の山田さんに電話したら……

山田さん:「お電話ありがとうございます、全日空、クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット支店の山田です」

もし筆者(私)がうまく国際電話を聞き取りできなかった場合は、
筆者(私)「全日空、クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット支店の山田さんですか?」
と聞き直さなければいけないかもしれません。

律儀な山田さんは確認のために再度、正式名称を読み上げるかもしれません。
山田さん:「そうです、全日空、クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット支店の山田です」

というようなやり取りは遷都した当時に電話が無かったので存在しないとおもいますが、いずれにせよ正式名称が長過ぎて覚えられないので、今の「バンコク」という名前で良かったです。

ちなみに、バンコクは、タイ語の「バーンマコーク」という言葉がなまってバンコク、となったそうです。「バーンマコーク」とはタイ語では、「アムラタマゴの木」のことだそうです。

様々な都市の名前には様々な意味があるようです。旅行に行って、ビジネスで、現地タイ人のかたとコミュニケーションするときは、「クルンテープ」と言ってみると会話が弾むかもしれませんね!

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

Via : 在京タイ王国大使館

s11

ss11


DSC_0812