【東京で味わう地方グルメ】新潟三大ラーメンの1つ「青島ラーメン」を堪能しよう!生姜醤油ラーメンで体も心もポッカポカになれるゾ!

2051306307222
もはや国民食の1つと言ってもいいほどのラーメンは、その土地の風土や文化に育まれ独自の発展を遂げているため、日本全国の様々な場所に様々なラーメンが存在している。

あまり知られていないのだが、北陸の新潟県に「新潟ラーメン」という寒い地方ならではのラーメンがある。

その中でも新潟三大ラーメンと言われるのが、濃厚トンコツが鬼脂ともよばれる超ド級のコッテリを味わえる「燕三条系ラーメン」、西蒲区(旧巻町)発祥の濃厚味噌がたまらない「巻系ラーメン」、そして濃厚かつキレのある生姜醤油がたまらない「長岡系ラーメン」の3つだ。

今回ご紹介したいのは、その濃厚かつキレのある生姜醤油がたまらない長岡系ラーメンを東京・秋葉原で楽しめる名店「青島食堂」だ。

・青い看板
お店に着くと通常のラーメン屋ではないことにまず驚くだろう。ともすると食欲をダウンさせてしまう可能性がある青い看板が目印だ。普通ラーメン店では赤をモチーフにしたお店が多いが、こちらのお店はその流行とは完全に逆行する。いや、だが、これがイイのだ。
IMG_6048

・頼むべき「チャーシュー100円増し」
オススメのオーダーは「青島チャーシュー」に「自家製チャーシュー100円増し」だ。こちらのチャーシューは醤油がたっぷりと効いた柔らかいチャーシュー。このチャーシューを余す事無くたっぷりと味わうためには「チャーシュー100円増し」がピッタリなのだ。お腹ペコペコの人は大盛りをオーダーしよう。
IMG_6054

・「食券見せ」タイム
自販機で購入する食券は通常の食券よりも大きくなっている。その理由は店内の椅子に腰掛けて待っているわかる。順番が近づくとカウンターの中の男性から「食券をみせてください」と声をかけられる。これによって2人で切り盛りしている青島食堂のオペレーションがスムーズになり、より多くのお客においしいラーメンを提供できることになるのだ。お客とラーメン店のスタッフとが共同作業をする、こちらのお店はそんな心温まるラーメン店なのだ。
IMG_6056

・キレがありながらも香り高い生姜醤油のスープ
ラーメンが着丼するとかぐわしいスープの香りと山と積まれたチャーシューに期待が高まる。まずは落ち着いてスープからしっかりと味わってみよう。ファーストインプレッションはキレのある醤油だが、じんわりと醤油の向こう側から生姜の柔らかな香りと味わいが広がってくる。そう、これこそが青島ラーメンなのだ!
2051306307222

・ツルツル・シコシコの麺
お次は麺。目にも鮮やかなツルツル・シコシコの麺は食感も楽しく弾けるような味わい。食べ進めると少しコッテリ感が出てくるスープを飽きる事なく食べられるのはこの麺の食感にも隠されているのだ。
IMG_6061

・柔らかチャーシューの深い味わい
スープ、麺と味わった後は真打ちのチャーシューだ。柔らかいチャーシューの深い味わいと噛みしめるたびに溢れる深いコクとウマミ、それが激ウマの生姜醤油スープと小気味よい食感の麺とでさらに相乗効果をもたらしてくれる。さらに卓上のブラックペッパーをひとひねりすれば、さらに味の輪郭をピリッと引き締めてくれる。
IMG_6057

・食べれば体の芯からポッカポカ
さらにこちらのラーメン、生姜醤油と銘打つだけあって、寒い冬にうってつけのラーメンなのだ。席に座ってしまうと、その美味しさのあまり一心不乱にラーメンを食べ進めてしまうのがこのお店の恐ろしいところ。食べ終わってお店を出る頃になると体の芯から暖まっている自分に気がつく。まさに冬の秋葉原の名物と言っても過言ではない。
IMG_6049

もし秋葉原に行く機会があれば、東京で味わう新潟三大ラーメンの1つを試してみてはいかがだろうか?

きっとその優しく包み込まれるような味わいは、寒い冬もなかなか捨てたもんじゃないな、と思わせてくれるに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 青島食堂 秋葉原店
住所 東京都千代田区神田佐久間町3-20-1
営業時間 11:00~18:00
定休日 火曜日
HP http://www.aoshima-ramen.co.jp/

IMG_6047

IMG_6051

IMG_6055

2051306313020

IMG_6060

IMG_6063



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 青島食堂 秋葉原店

住所 : 東京都千代田区神田佐久間町3-20-1