【東京で味わう地方グルメ】鳥取名物の牛骨ラーメンを都内で味わえるお店、銀座「香味徳(かみとく)」に行ってきました


今年スターバックスが最後の出店を果たした県として知られる鳥取県。鳥取といえば砂丘、というイメージが強いかもしれませんが、「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者で知られる水木しげるさんや「名探偵コナン」の青山剛昌さんなど、漫画界のレジェンドと呼ばれる方を輩出している県でもあります。

また、境港や鳥取港に代表される日本海の海の幸も豊富で、実は隠れたグルメエリアとしても有名な場所です。

そんな中国地方の隠れたグルメ県に、60年以上愛され続けているご当地ラーメンが存在します。それが今回ご紹介する鳥取名物の「牛骨ラーメン」を味わえるお店「香味徳(かみとく)」。

・牛骨ならではのスッキリとコク
たくさんのラーメンが全国にはありますが、牛骨スープのラーメンというのはなかなかお目にかかることはないと思います。こちらの牛骨スープ、独特の香ばしさを感じるスープに仕上がっています。さらに香りに加えて、牛のもつ独特の甘いコクとすっきりとした後味は非常に後ひく味わい。スープを全て飲み干してしまいそうなほどのウマさです。

・東京限定メニュー「香味徳(かみとく) 白」
本来の牛骨ラーメンメニューは、特製牛骨スープに鳥取県の薄口醤油をプラスした、正統派の醤油味。しかしこちらのお店には東京限定のメニューが存在します、それが「香味徳(かみとく) 白」、名前の通り乳白色のスープで、牛骨のウマミがしっかりと引き出されています。非常にマイルドな味わいでありながら、ピリ辛の赤マー油が加わることで、全体的に味がより引き締まっています。

・中細麺との相性も抜群
そんな牛骨の旨味がしっかりと溶け込んだ乳白色の白湯スープと合わせるのは中細の麺。まろやかで味わい深いスープとの相性は抜群で、スープのウマミやコクがじんわりと広がっていく時間に合わせて、麺のウマミも広がっていきます。スープを邪魔しない太さと、スープの良さを引き出す味わいとがベストマッチした味わいを楽しむ事ができます。

・キムチとの相性も抜群
こちらの牛骨ラーメンで嬉しいサービスが卓上に用意されたトッピングの「自家製キムチ」だ。キムチを追加することで、キムチが持つ酸味やウマミ、そして辛みがスープに加えられる。まろやかでコクのあるスープに、キムチを加える事による味の変化も楽しむ事ができます。

・ライスとの相性も抜群
さらにありがたいサービスの一つとして、ライス無料のサービスがあります。絶品のスープの中にライスをいれると、特製の牛骨茶漬けが完成します。そうすることによって牛骨スープのウマミをたっぷりと堪能する事が出来るわけです。

あまり知られていない鳥取ラーメンですが、非常に美味なる味わいに魅了され、なぜこんなにいつでも利用できる時間帯でコスパの良いお店が、銀座駅からすぐの場所にあるのか、感動してしまいます。

鳥取ラーメンの本場に行って鳥取ラーメンを確かめたくなる、そんな味わいに東京・銀座で出会ってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   香味徳 銀座店
住所   東京都中央区銀座1-13-6 ヤマトビル 1F
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日  なし
お店のHP http://xn--btrs5xo20c.com/















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 香味徳 銀座店

住所 : 東京都中央区銀座1-13-6 ヤマトビル 1F