【世界に誇る日本の絶景】十和田湖の湖上から、紅葉が織りなす優美な自然画を堪能してみよう!

美しい日本の秋を彩るものの1つ、それは「紅葉」。

そして中でも、「一生に一度は絶対に見ておきたい」紅葉が織りなす絶景を楽しめる場所があります。それが今回ご紹介する、青森県と秋田県の間に位置する十和田湖です。

現在の十和田湖近辺は、20万年ほど前に火山活動が始り、大噴火を経て、山上の一部が陥没しました。長い年月を経て、この陥没した場所に水がたまっていき、十和田湖の原型ができたとされています。

十和田湖は、十和田山を始めとする様々な外輪山に囲まれています。また近くには、日本の山百景の1つで、最高峰約1500m以上の山を擁する八甲田連峰もあることから、とても自然深い場所にあることが分かります。

ある意味「自然」により人から守られてきた十和田湖一帯の「大自然」には、ブナやカツラなどの自然林やコケが生い茂り、ツキノワグマやニホンカモシカなどの野生動物も生息しています。四季それぞれに違った形で自然を楽しむことができ、自然派の旅人には絶好の訪問地です。

そして今の季節の秋には、十和田湖を取り囲む山々の木々の葉が徐々に色を変えていく様を楽しむことができます。その楽しみ方には、湖の周りをハイキングしたり、十和田湖を走る遊覧船に乗るなど、様々な方法があります。

そうした中でも、十和田湖の素の自然と対面し、神々しいその光景を楽しめる最上最良の方法があります。それが、地元の自然を知り尽くし、心からこの自然を愛するプロのネイチャーガイドさんと共に行く、早朝カヌーツアーです。

秋とはいえ、紅葉の季節には気温がぐんと低い夜明け前。寒い中を起きぬけて、湖畔のキャンプに向かいます。自然である故、日々違った光景となりますが、この日は湖面にもやがかかり、厳かな雰囲気が立ち込めます。

とても温かく気さくなガイドさんが灯す小さな明かりを頼りに、カヌーに乗り込み、神がかったような穏やかで美しい湖面へと漕ぎ出していきます。

日の出時刻が近づくにつれて、徐々に空の色が変化をしていきます。その空からの光加減により、湖も刻々と表情を変えていきます。

そして山々の合間から太陽が現れると、じわりと太陽光の温かさを肌に感じ、周りの光景も一斉に目覚めていきます。

山々に生い茂る自然林の紅葉の様子が、まぶしいほどの美しさで目の前に現れます。そして穏やかな鏡のような湖面には、万華鏡のようにその自然林が見事に映し出されています。

それぞれの木々の葉は、木の種類や日の当たる角度により、紅葉の進行度合いも違い、様々な色合いのハーモニーが楽しめます。

そして、十和田湖を知り尽くしたガイドさんの案内に従って、澄んだ空気を吸い込み、柔らかい風を肌で感じながら、櫓をこぎ進めます。まるで全身で自然を受け止め、包み込むような自然の絶景の中へと吸い込まれる感覚です。

また、この途上、ネイチャーガイドさんから、この十和田湖の貴い自然に関して、様々な観点からお話を伺うことができます。こうして、単に景色の見た目を楽しむのみならず、深いレベルで十和田湖の自然を味わえます。

湖の中ほどまで進んだところで、湖上の紅茶タイム。温かい紅茶をいただきながら、かじかんだ手足を少しほぐし、この極上の自然を体中の五感をフル稼働して感じることができます。まさに至福のひと時です。

こうして過ごした贅沢なひと時は、貴重な一生の思い出となること間違いなしです。

ぜひいつの日か、十和田湖の秋の自然を堪能する大人な旅に出かけてみてはいかがでしょうか?

この記事の早朝カヌーツアーの企画・敢行
Nature Experience グリーンハウス: http://www.nexgh.com/
問合せ先:0176-70-5977
早朝カヌーツアー:http://www.nexgh.com/canoe/daybreak-canoe.html

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア