【2015年中に行かないと一生後悔してしまう築地の名店】場内で最も穴場的存在のお寿司屋「磯寿司(いそずし)」

東京・築地といえば日本全国の誰もが知る巨大市場。築地場内や場外で働く人たちは食材を見る目や味わう舌が肥えているため、おいしいお店がたくさん存在する。

しかし築地の場内は2016年に移転が決定しており、現在の場内のお店はこのタイミングで無くなってしまう。つまり今の雰囲気で味わう事は二度とできない、築地場内はまさに今年ラストイヤーという非常に悲しい状況なのだ。

今回ご紹介するのは築地の代名詞とも言える寿司。代名詞とも言える「寿司」であるため築地場内には合計11店もの寿司屋が存在しているのだが、その中で最もおすすめしたい穴場的存在のお店が「磯寿司(いそずし)」だ。

<理由1>豊富なネタをお腹いっぱい食べる事が出来る
まずオススメしたいのがこちらの30食限定のメニュー。通常であれば5000円程度するメニューだが、30食限定でその半額に近い2400円(税別)で提供している。トロやウニなどの高級なネタはもちろん、イカやアジなどしっかりとした味わい深いネタをリーズナブルに堪能できるのがこちらのお店の特徴だ。

<理由2>固めのシャリとネタがよく合う
人それぞれの好みだが、こちらのシャリはすこし固めに炊かれている。それぞれの素材が素晴らしいからこそ、少し固めのシャリでご飯を主張してくる、その口の中で押し返してくる素材感がたまらない。

トロはしっかりとマグロのコクを残しつつも、口の中でほどけていくシャリと最高のハーモニーを奏でてくれる。トロそのものの素材もいいため、油っぽさはまったくなく、食べ終わった後もキレのよいマグロの甘みだけが口の中に余韻を残してくれる。

イカはサクッとした歯ごたえながら、内側から濃厚な甘みを感じられ、これもシャリとしっかりとマッチしている。イクラの濃厚なウマミ、ウニのクリーミーな味わい、そしてホタテのねっとりとした妖艶なウマミ、そのどれもが素晴らしい素材と最高水準ともいえる寿司の技術であることは、こちらのお店で寿司を味わってみれば分かるはずだ。

<理由3>あまり知られていないため並ぶ事が少ない
実はこちらのお店、たくさんの寿司屋や吉野家1号店などがあるエリアとは少し離れた築地市場10号館にお店がある。築地市場10号館は他のお店からは離れた場所にあること、また、並んでいるお店の方が美味しいのではないか?という一般的な先入観から、さらに人が並ばない、という状況となっているため、このお店を知っているグルメ達からは、隠れた人気のお店となっている。もちろん他のお店と違って平日の営業時間が長いと言うポイントも見逃せない。

<理由4>甘エビの味噌汁が最高
最後に堪能したいのがこちらのお店の味噌汁だ。たっぷりの甘エビの頭でダシをとった味噌汁は芳醇なエビの香りが嬉しい逸品。新鮮な甘えびをたっぷりと使った味噌汁は、単なる味噌汁を超越した、最高の甘エビのスープと言っても過言ではない。

本当はあまり教えたくないこちらのお店。しかしながら、残念な事に築地場内市場は2016年の施設完成後に豊洲への移転が予定されているそのため、もし築地場内でこちらのお店のお寿司を楽しめるとすれば、あと少しの猶予しかない。

限られた時間しかないが、11店もの築地場内にある寿司屋の中から自分にあった最高の寿司屋をみつけてみてはいかがだろうか?きっとそこには素晴らしい技術に裏打ちされた本物の寿司があるに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   磯寿司
住所   東京都中央区築地5-2-1 築地市場 10号館
営業時間 【月~金】6:00~21:00
     【土】  6:00~16:00
定休日  日曜・祝日・休市日

<その他の築地情報>
【完全保存版】さようなら築地。築地市場が移転するまでに絶対に食べておきたい本当に美味しい築地場内グルメ 20選 ( http://gotrip.jp/2015/12/25602/ )



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 磯寿司

住所 : 東京都中央区築地5-2-1 築地市場 10号館