台湾で二郎系ラーメンが味わえる!?台湾の二郎系ラーメンの実力を確かめにいってみた


「ラーメン二郎」といえば、数ある日本のラーメン店の中でも屈指の知名度を誇るラーメン店。他のラーメンとは一線を画す、濃厚な豚骨醤油味とボリュームの多さが特徴のヘビー級ラーメンである。

熱狂的なファンも多いことで有名で、オーダー時に唱える「カラメ・マシマシ」や「ヤサイ・アブラ・カラメ・ニンニク」に代表されるコールとよばれる注文方法は、二郎ならではの暗黙のルールとなっており、一部ではラーメンではなく「二郎」という食べ物である、という定義もあるほどの有名なラーメン、それが二郎なのだ。

そんな二郎の味をインスパイアしたお店は二郎系ラーメンと呼ばれ、日本のみならず海外にも存在するほど有名になっている。

今回はその二郎系ラーメンが日本を飛び出し、台湾の地でも人気を博しているとの情報を聞き、実際に確かめるべく「楽麺屋 西門店」へ向かった。

・二郎系ラーメンが食べられるのは西門店だけ
こちらの楽麺屋さんは通常のメニューに加え、各店舗限定のメニューを販売しているのが特徴である。南港店では「ハマグリ豚骨ラーメン」、永康店では「明太ペペロンまぜそば」、板橋店では「カツカレーラーメン」など、非常にバラエティー豊かなメニューが揃っている。そして西門店では「二郎風ラーメン」と「チャーシュー二郎風ラーメン」の2種類を販売しており、同店舗の看板メニューとなっている。

・専用のオーダーシート
こちらで二郎風ラーメンを注文する際は、専用の二郎風ラーメンオーダーシートがあり、そちらに記入して店員さんに渡すシステムになっている。そしてお好みで、味の濃さ(カラメ)、麺の量、ニンニクの量、野菜の量を選ぶことができ、自分好みのオーダーでお願いすることができる。

・台湾テイストで上品な味わいの二郎系
こちらのラーメンは日本のそれと比べると、かなりあっさり系にアレンジされた仕上がりとなっている。本来の濃厚デカ盛りではなくあっさりとした味わいのスープだが、コシのある太麺との相性は良く、二郎っぽさをしっかりと味わうことができる。特にサイコロ状の炙りチャーシューは、香ばしくジューシーで非常に美味だ。

・替え玉で二度楽しめるラーメン
こちらの楽麺屋さんは替え玉が無料、そして何度でも可能という非常に良心的なサービスがある。お得で非常にありがたいサービスなのだが、それ以上に魅力的なのが、替え玉の麺が太麺ではなく細麺で出てくることである。こちらのお店はメインが豚骨ラーメンのお店なので、主に扱っている麺は細麺。よって、替え玉を頼む場合は細麺が提供されるのだ。二郎系ラーメンといえば、しっかりとした太麺が特徴的なので、細麺でいただく二郎系は珍しい。実際に食べてみると、最初の太麺とは全く味わいも異なるので、一杯で二度楽しむことができた。こちらのお店に行った際は、二郎系の勢いで「マシマシ」にしてしまいたくなるが、ぐっと我慢して普通盛り+替え玉を注文することをオススメしたい。

台湾で味わえる二郎系ラーメン。台湾を訪れるのであれば日本と台湾のいいとこ取りで進化した二郎系ラーメンを味わってみてはいかがだろうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   楽麺屋 西門店
住所   台湾台北市昆明街25号
営業時間 11:30-22:00
定休日  なし
お店のHP http://www.rakumenya.com.tw/home.php

















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 楽麺屋 西門店 ー 台湾

住所 : 台湾台北市昆明街25号