【台湾スイーツ】「孤独のグルメ」にも登場した豆花の名店「古早味豆花(グーザオウェイトウファ)」へ行ってみた。

「美味しんぼ」「クッキングパパ」など、グルメを題材にした作品には根強いファンが多い。その中で、今最も注目を浴びているグルメ作品といえば、「孤独のグルメ」ではないだろうか。

テレビ東京で深夜にドラマ化された本作は、俳優の松重豊さん演じる、主人公の井之頭五郎が美味しそうにグルメを堪能する姿が評判を呼び、現在シーズン5まで放映されている。

「孤独のグルメ」の反響は大きく、番組内で紹介されたお店は翌日から行列ができることもあるほど。

今回は、そんな「孤独のグルメ」の台湾編で紹介され、現地台湾の人気俳優も味わった台湾の絶品スイーツ店「古早味豆花(グーザオウェイトウファ)」を紹介したい。

・豆乳スイーツ、豆花
数ある台湾スイーツの中でも、ヘルシーで人気の高いスイーツが豆花(トウファ)だ。豆花とは、台湾では伝統的なスイーツで、豆乳を固めて作る豆乳プリンのこと。豆本来の甘みを活かした優しい味付けで、台湾では子供から大人まで親しまれており、大豆イソフラボンやビタミンも多く含むことから、美容にも効果が高いスイーツとして女性にも人気がある。

・豆花の名店
その豆花の人気店が、「古早味豆花(グーザオウェイトウファ)」だ。昔ながらの味を守りながら、新鮮な大豆のみを使って作る豆花は、多い日には2000杯売り上げることもあるのだとか。お店の軒先にも掲げてある「自然風味 創意古風」という言葉に込められた、自然な味わいと昔ながらの味わいを追求する精神。その精神によって作られた懐かしくも優しい味わいは、孤独のグルメの五郎さんも思わず唸ってしまうほどの美味しさなのだ。

・一番人気はタピオカトッピング
豆乳プリンとシロップだけというシンプルなスイーツである豆花には、トッピングを入れるのが一般的である。こちらでは15種類ほどトッピングがあるのだが、ダントツの一番人気はタピオカ。大粒でツヤのあるタピオカは、モチモチとした食感で、ツルンとした豆花と一緒に食べることで、一度で2つの食感を楽しむことができる。さっぱりとした甘みが特徴的なスイーツなので、台湾グルメをしっかりと堪能した後に、食後のデザートとしても楽しむ事ができる。

話題のドラマ「孤独のグルメ」でも紹介された、台湾のスイーツ店「古早味豆花(グーザオウェイトウファ)」。

五郎さんも唸った絶品スイーツを食べに、台湾へ訪れてみるのはいかがだろうか。

素朴な甘みが自慢の台湾スイーツは、一口食べるだけで味わいだけでなく、最高の癒しも届けてくれるはずである。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   古早味豆花(グーザオウェイトウファ)
住所   台北市大同區民生西路210號
営業時間 11:00~深夜1:00
定休日  なし
お店のHP http://www.toufa.com.tw/index.php
















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 古早味豆花(グーザオウェイトウファ) - 台湾

住所 : 台北市大同區民生西路210號