あのジョン・レノンゆかりの喫茶店で楽しむ午後のひととき。東銀座「樹の花」


喫茶店発祥の地、銀座。

現在、日本全国に約7万軒あるといわれる喫茶店ですが、その最初の1軒は銀座からはじまりました。

残念ながら日本一号店は既に閉店してしまっていますが、銀座には今でも多くの老舗喫茶店が街中に溶け込むように営業しており、日本屈指の喫茶店の街の1つといっても過言ではありません。

今回は、そんな喫茶店の街・銀座の中でも、あのビートルズのジョン・レノンとオノ・ヨーコが2人で静かなひとときを過ごしたという銀座の喫茶店「樹の花」をご紹介します。

・東銀座の小さな喫茶店
1979年(昭和54年)、歌舞伎座横の木挽町通りのビル2階にひっそりとオープンした喫茶店が「樹の花」です。

コーヒーへのこだわりは強く、注文を受けてから豆を挽き丁寧にハンドドリップしているため、香り高く雑味のない極上のコーヒーを味わうことができます。

小さいながらも雰囲気のいい店内にはコーヒーの香ばしいアロマが充満し、ついつい長居してしまいたくなるような喫茶店です。

・ジョン・レノンゆかりの店
東銀座の喫茶店「樹の花」は、ジョン・レノンがオノ・ヨーコと共に訪れたお店ということでも有名です。

店内には、2人が見つめ合いながら座っていたという席がそのままの姿で残されており、カップルを中心に大人気なのだとか。

また、ジョン・レノン本人が書いたメモやサインなど、ここでしか見ることのできない貴重な品の数々が展示されており、ファンならば一度は訪れたい喫茶店と言えるでしょう。

・おすすめは「レノンセット」
ジョン・レノンゆかりの喫茶店「樹の花」を訪れた際にオススメしたいメニューといえば「レノンセット」。

「レノンセット」は、ジョン・レノンが来店時に注文したというコロンビアコーヒーとクッキーのセットで、香り高いコーヒーに薄く焼きあげられたアーモンドクッキーがよく合う人気のセット。

ジョン・レノンはこちらのお店のアーモンドクッキーがとても気に入ったようで、お土産で持ち帰るほどだったそうです。

上品な甘さとアーモンドスライスの香ばしさがマッチした大人なクッキーは、しっとりサクサクで程よい甘さがクセになる味わいなので、ぜひコーヒーと共に味わってみてはいかがでしょうか。

ジョン・レノンがオノ・ヨーコと訪れたという東銀座の老舗喫茶「樹の花」。

店内には、小さなお店ながら居心地よく温かみのある空間が広がっており、2人が仲睦まじく見つめ合いながら座っていたという席が当時のままの状態で残されています。

東銀座へ訪れた際は、「樹の花」で2人の姿を想像しながら、お店自慢の美味しいコーヒーを味わってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   樹の花
住所   東京都中央区銀座4-13-1
営業時間 平日/10:30~20:00(L.O.19:40)
     土曜/12:00~18:00
定休日  日曜・祭日
お店のHP http://www.cafe-kinohana.net/






















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 樹の花

住所 : 東京都中央区銀座4-13-1