タイの穴場リゾート、パンガン島で手つかずの自然と穏やかな犬たちに出会おう

タイ南部にあるパンガン島。

ダイビング愛好家が集うタオ島と、人気リゾートサムイ島との間に位置する小さな島です。

パンガン島といえば有名なのがフルムーンパーティー。

パンガン島のフルムーンパーティーは、スペインのイビサ島、インドのゴアとともに世界三大フルムーンパーティーのひとつに数えられています。

フルムーンパーティーとは、島の南端にあるリン・ビーチで開催される野外レイブで、ビーチ沿いにオープンエアのクラブが立ち並び、夜通しハウスやトランス、R&Bといったさまざまなジャンルの音楽がプレイされる一大イベントです。

期間中はファイヤーショーも開催され、フルムーンパーティの日には約2万人の観光客が集まります。

そんなパーティーアイランドとして有名なパンガン島ですが、その素顔は実に素朴。

熱帯雨林が島の面積の70%を占め、ココナッツやドリアンといった熱帯の果実が豊かに実をつけます。

また、島の周囲9.2㎞に広がるサンゴ礁は多種多様な魚たちのすみか。

波が穏やかで数多くの白砂のビーチをもつパンガン島は、シュノーケリングやシーカヤックなどのアクティビティにも最適です。

素顔のパンガン島は、ここがパーティーアイランドとして有名な場所とは思えないほど手つかずの自然が残る、スローな風景に満ちています。

サムイ島やプーケットといった有名リゾートとは異なり、観光地化されすぎていない穴場のリゾートといえるでしょう。

特に西部はサンゴ礁と熱帯魚が棲む遠浅のビーチが広がっており、落ち着いて滞在できる人気のエリアとなっています。

島の北西部にある宿泊施設のうちの1つで、ハードチャパオと呼ばれるエリアにあるのがオススメのホテル「ベンジャミンズハット(Benjamin’s Hut)」。


カジュアルなコテージタイプの宿泊施設で、家族経営ならではの温かさが魅力です。

目の前にはプライベート感覚のビーチが広がり、美しい景色を見ながらのおいしい食事やシーカヤックを楽しむことができます。

そしてパンガン島を歩くと気付くのは犬が多いこと。

東南アジアの街にはたいていどこでも野良犬がいるものですが、あまり近づかないほうがよさそうに見える犬がほとんどです。

ですがパンガン島の犬たちは、とても健康的で平和的。

東南アジアの街中で見かける野良犬によくある殺伐とした雰囲気とは無縁です。


行く先々でゆったりした島の環境で育ったフレンドリーな犬たちに出会います。

東南アジアの都市部で見かける野犬とは違って、ここの犬たちは人間を「仲間」だと認識しているように見えます。

素朴な自然と穏やかな犬たちに触れ合えるパンガン島は、シンプルな日常の素晴らしさを教えてくれる場所。

刻一刻と移ろう自然を感じながらゆったりとした時の流れに身を任せれば、日頃の悩みもストレスもすっかり忘れてしまいそうです。

ベンジャミンズハット ( Benjamin’s Hut )
住所 : 84/38 Moo 8 | Haad Chao Phao, Ko Phangan 84280, Thailand
オフィシャルHP http://www.benjaminshut.com/index.html

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア