自由が丘に新しくオープン!ビーントゥバーにこだわった、チョコレート専門店「マジドゥショコラ」

モンブランの発祥のお店絶品のパンケーキを味わえるお店がある、スイーツの街の1つといえば東京の「自由が丘」。

そんな自由が丘に、ビーントゥバーにこだわったチョコレート専門店が、12月17日(土)にオープンしました。

お店の名前は「マジドゥショコラ」。


オーナーの松室シェフのこだわりは、カカオ豆から板チョコにするまでの全工程を一貫して手掛ける「ビーン・トゥ・バー」というスタイル。

さらに、さまざまな産地のカカオの特徴を最大限に引き出すため、輸入したカカオ豆の種類に合った発酵具合やローストの時間を秒単位で調整したり、カカオ豆と合わせる素材との組み合わせにもこだわり抜き、日々いろいろなチョコレートを作りだしています。


中でもお店の名前を冠した生チョコスフレ「マジドゥショコラ」は、スフレから着想した独自の製法でガナッシュを焼き上げた逸品。

口当たりは軽くなめらかで、濃厚だけどくどくない、オリジナルの半生チョコレートケーキは、1個450円(税込)からで、ベーシック3種(ビター、スイート、ミルク)、オランジュ、グリオットチェリー、宇治抹茶の計6種類が販売されています。


使われているナッツなどの素材をシェフ自ら仕入れから行うなど、厳選したチョコレートと素材の相性を追求し、さくっとしたクッキーと口どけの良いチョコレートが楽しめるチョコレートサンド「マジドカカオ」も自慢の逸品。

こちらもミルクピスターシュ、ミルクキャラメル、アーモンドクランチ、ラムレーズン、コーヒーブレンド、宇治抹茶の6種類が用意されています。

もちろん、カカオ豆の産地ごとに異なる特徴を最大限に生かして、カカオ豆の仕入れからチョコレートに仕上げたビーントゥバータブレット(板チョコレート)「モンドチョコレート」も種類が豊富に用意されています。


チョコレートを製造する上で使用する原材料のカカオ豆は、カカオ豆生産者の持続的な生活向上を支える仕組みであるフェアトレードで現地と直接取引するなど生産地へのこだわりも深く、チョコレートを販売することで現地生産者の方々に豊かな生活環境を作り、良質なカカオ豆が作れる生産地の環境改善にも積極的に協力されています。

各タブレットの特徴や産地で関わっている方々の顔が見えるディスプレイには、試食も用意されているので気軽にお好みの味を探すことができます。

また、現在第4のチョコレートとして注目を集めているブロンドチョコレート「No.4(ナンバーフォー)」もミルキーで少し塩気のきいたキャラメルのような味わいとカカオ55%のミルクチョコレートとの2層仕立てになっているなど、こだわりを感じます。

この他にも、ボンボンショコラや抹茶のテリーヌなど、魅力的なチョコレートがたくさん用意されています。

カフェスペースも併設されているので、自由が丘でのティータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 マジドゥショコラ
場所 東京都世田谷区奥沢六丁目33番14号
営業時間 10:00~19:00
Facebook https://www.facebook.com/magiedesmatieres/