アントルメグラッセ専門店「グラッシェル表参道店」の冬に食べたい大人の贅沢パフェ

北海道のお土産で人気のチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」で有名な、北海道・小樽のスイーツショップ「ルタオ」

このルタオを運営する株式会社ケイシイシイが東京・表参道にアントルメグラッセ・生グラス専門店「グラッシェル表参道店」を2013年にオープンして以来、2階のカフェで楽しめる、旬のフルーツを使用した新鮮なアイスクリーム作りの技術を生かしたパフェメニューが人気となっています。
※「アントルメグラッセ」とはフランス語でアイスクリーム(グラス)を使ったデコレーションケーキ(アントルメ)のこと

「グラッシェル表参道店」より、2016年冬のシリーズとしてこだわりのパフェが登場したのでご紹介します。


旬の素材を使用した季節のパフェは4種類。まずは「りんご&カマンベール」をご紹介します。

シードル(りんごのお酒)のジュレに、プラムリー(りんごの品種名)のコンポート、ダコワーズ生地にカマンベールのアイスを重ね、くるみの砂糖がけとシナモンクッキーが食感のアクセントになっています。


紅玉のソルベと姫リンゴのチップが飾られ、3種類のりんごが堪能できるパフェです。りんごの個性が活きていて、いろいろな角度からりんごの魅力が楽しめます。


次に、「熊本和栗のパフェ」をご紹介します。

熊本県球磨(くま)村産の栗と徳島産の和三盆を使用したパフェで、器の側面にモンブランクリームを絞り、和三盆を入れた生クリーム、栗と和三盆のアイスを重ね、スパイスの香るクッキー、和三盆のメレンゲをのせ、最後に栗の渋皮煮が一粒のった、栗スイーツの定番「モンブラン」を逆さまにしたようなデザインとなっています。

和栗をふんだんに使われていて、甘さも控えめで和栗の風味の活きた、まさに栗尽くしの贅沢なパフェです。


写真左より
・熊本県産和栗と和三盆を組み合わせ、 栗スイーツの定番「モンブラン」をイメージした「熊本和栗のパフェ」
・コクのあるカスタードプリンと3種類のフルーツの組み合わせが大人のノスタルジーを誘う「プリンパフェ」
・愛媛県産の苺「紅い雫」をふんだんに使い、 苺のタルトをイメージした「いちごのパフェ」

旬の素材を使用した季節のパフェは4種類。

・りんごとカマンベールのパフェ 価格1,500円(税抜)販売期間:未定
・プリンパフェ  価格1,500円(税抜) ☆12月3日新発売 (通年販売)
・熊本産和栗のパフェ 価格1,500円(税抜)販売期間:2017年1月中旬まで
・愛媛県産いちごのパフェ 価格1,600円(税抜)販売期間:2017年3月下旬まで

どのパフェを食べようか迷ってしまうほど、冬の旬のフルーツがふんだんに使われた、冬にこそ食べたい大人の贅沢パフェを堪能してみてはいかがですか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

≪グラッシェル(GLACIEL)≫
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-2-23
電話番号:(代表)03-6427-4666
営業時間:11:00-19:00(カフェL.O18:00)
定休日:なし
公式ホームページ:http://www.glaciel.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/Glaciel/
Instagram:https://www.instagram.com/glaciel_official/