大阪で味わえる本格ベトナム料理!本物にこだわったベトナム料理なら「アンゴン」

あまたの安ウマグルメがひしめく、くいだおれの街・大阪。

たこ焼きお好み焼きといった定番の大阪グルメのみならず、世界各国のおいしい料理をリーズナブルに味わう事ができるのが大阪の魅力の1つです。

今回ご紹介するのは、大阪・心斎橋駅近く、南船場にある、大阪におけるベトナム料理のパイオニア的存在のお店「アンゴン」。

店名の「アンゴン」は、ベトナム語で「AN(食べる)」と、「NGON(美味しい)」をくっつけて、「美味しく食べる」を意味します。その名の通り、ベトナム出身のシェフが作る「本物のベトナム料理」が楽しめる老舗として、不動の人気を誇っています。

大阪の一大繁華街・心斎橋からほど近いところにありながら、個性的なセレクトショップやこじんまりとしたレストランが並ぶ、落ち着いた通りにあります。

小さなお店ながら、独特の雰囲気を放つ外観は存在感満点。狭い階段をのぼって2階の店内に入ると、メコンのガーデンレストランをイメージしたというノスタルジックな空間が広がります。

店内の装飾品はすべてベトナムで買い付けをしているそうで、インテリアにも並々ならぬこだわりが感じられます。

もちろん、アンゴンのこだわりは内装だけではありません。ベトナム出身、有名ホテルで料理長を務めたこともあるというタムシェフが作るベトナム料理は、素材も調理方法もベトナムそのまま。日本だからといって、妥協したり、日本人の好みに合わせたりしていない、本場のベトナム料理です。

今回いただいたのは、野菜がたっぷり食べられる「ヘルシーランチセット」(1500円)。ほかにも、ベトナム麺ランチや、チキンカレーランチなど、ランチタイムには1000円以下で楽しめるリーズナブルなセットが揃っています。

まずは前菜として青パパイヤのサラダ。一緒に出されるえびせんに載せていただきます。

シャキシャキ新鮮な野菜の歯ごたえが感じられるサラダは、甘みとほのかな辛みのバランスが絶妙。えびせんに載せて食べることで、カリッとした食感が楽しめるだけでなく、まろやかな味わいになります。

続いては、小ぶりな揚げ春巻きと、長い生春巻きの盛り合わせ。見た目にも美しい彩豊かな一品です。

日本以上に米が食文化に根付いていると言っても過言ではないベトナム。春巻きを包む皮はもちろんライスペーパーです。揚げ春巻きは、いままで体験したことがないほどのサクサク感。思わず「美味しい!」と声を上げそうになってしまいます。

生春巻きは、これまで日本でお目にかかったことがないほどのロングサイズ。モチモチの皮の中には、海老や細い米の麺などが詰まっています。素材の味を生かしたシンプルな料理ながら、香草がアクセントとなって、見事な一体感を感じさせます。

そして、鶏肉のフォー。「フォー」とは、平たい米粉麺のことで、ベトナム料理の定番中の定番。

薄味ながらしっかりとダシをきかせたスープは、日本人好みの優しい味わい。トッピングされた新鮮なもやしや香草が、フレッシュな風味を引き立てます。

別添えのレモンを加えれば、より爽やかに。唐辛子を加えれば、ピリ辛に。自分の好みに合わせてアレンジできるのが嬉しいですね、

最後に、デザートとしてココナッツミルクのチェー。「チェー」はベトナムスイーツの代表格で、しばしば「ベトナムのぜんざい」とも表現されます。

ココナッツミルクに、モチモチの白玉とプチプチのタピオカが入った食感が楽しいおやつで、ココナッツミルクの濃厚な甘みがクセになります。

どれを食べても美味しく、「もっと他のメニューも食べてみたい」と思わずにはいられない、タムシェフの料理。本場の美食とともに、ベトナム旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 アンゴン
住所 大阪市中央区南船場4丁目11-24(2F)
営業時間 ランチ・カフェタイム 11:30~17:00、ディナー17:00~23:00(日曜日~22:30)
公式HP http://www.anngon.com/anngon/



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : アンゴン

住所 : 大阪市中央区南船場4丁目11-24(2F)