【世界の美術館】貴重な芸術作品の宝庫、イタリア・ヴァチカン美術館

世界一小さな国ヴァチカンにあるヴァチカン美術館。

ローマやヴァチカン観光の際にぜひ訪れたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

世界でも類を見ないほどの莫大な芸術作品を所蔵しているヴァチカン美術館。ローマ教皇の住居であるヴァチカン宮殿の大部分が美術館となっており、歴代教皇が集めてきた貴重な美術品・芸術作品が展示されています。

内部は約20の美術館・博物館に分かれているほか、システィーナ礼拝堂やヴァチカン図書館も見学できます。扱っている展示品も古代美術、エジプト美術から現在のキリスト教美術までと幅広いのが特徴です。

広い内部は、全部見て回るなら1日や2日では到底足りません。じっくり見て回りたいなら1週間はかかるとも言われているほどです。効率よく回るには、何が見たいかを事前に決めておき、どこのフロアに何があるのかを予習しておく必要があります。

特に押さえておきたいエリアは「地図のギャラリー」と「ラファエロの間」ではないでしょうか。

眩しいほど豪華絢爛な「地図のギャラリー」では、16世紀に作成されたと言われている地図が両側の壁に展示されています。地図の間と言っても、両側の地図より天井の煌びやかな天井の画の方に目が行ってしまいますね。どの絵画にも金箔のフレームがはめ込まれており、自らの存在を主張するかのように眩しい光を放っています。

ラファエロの間は「署名の間」、「ボルゴ火災の間」、「ヘリオドスの間」、そしてコンスタンティヌスの一生が描かれている「コンスタンティヌスの間」といった4つの部屋から構成されており、ラファエロと彼の弟子たちが描いた壁画を間近で観賞することができます。

他にもミケランジェロらに影響を与えた「ラオコーン像」やレオナルド・ダ・ヴィンチの作品など、歴史の授業で勉強した作品を生で観賞することができるのです。ご自身の興味に合わせて、どこを周るか計画を立ててみてください。

ヴァチカン美術館では、展示品のみならず建物そのものにも目を向けてみてください。美しいらせん階段やドーム状の天井、そして中庭など、それだけで芸術作品と言っても良いほど完成度の高い物ばかりです。

貴重な品々の宝庫ということもあり、いつも混雑しているヴァチカン美術館。事前に予約をしておけば長い時間入場を待つ必要もありません。また、露出が多い服装では中に入ることができないので、注意が必要です。

芸術作品の宝庫で味わう感動を、体感しに出かけてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

ヴァチカン美術館
開館時間: 9:00~18:00 (月~木)
住所: Viale Vaticano, 00165 Rome
料金: €16
HP: http://www.museivaticani.va/content/museivaticani/en.html