【居酒屋探訪】広島県・呉市が誇るミソ炊き発祥のお店「本家鳥好」

どんな居酒屋にもそのお店に通う人々の思いが重なり、そしてそのたくさんの思いは居酒屋の持つ雰囲気となるのだ。

それゆえ、日本各地に多く人々を虜にする居酒屋がキラ星のごとく存在している。

例えば、あの吉田類も絶賛する大衆酒場、東京・江東区南砂町の「山城屋酒場」に、沖縄・石垣島で旬の魚介と沖縄料理を味あわせてくれる名店「居酒屋 錦(にしき)」新潟の郷土料理からラーメンや洋食まで味わえる新潟市・古町の老舗居酒屋「喜ぐち(きぐち)」北海道は小樽の絶品のおでんと日本酒を楽しめるお店「酒処 ふじりん」に、北海道随一の日本酒の品揃えと美味しいツマミのお店札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」、食い倒れの町大阪では、魅惑の豚足を味わえる「かどや」に、鴨の焼き鳥が味わえる「とり平」、そしてあの開高健も愛したクジラのおでんが楽しめるたこ梅、さらには名古屋にいったら絶対に行っておきたい居酒屋「歓酒亭 大安(かんしゅてい だいやす)」などなど、数え上げればキリがない。

そんな美味しい居酒屋の中から、今回は、広島県・呉市が誇るミソ炊き発祥のお店をご紹介したい。

お店の名前は「本家鳥好」だ。

・創業1951年(昭和26年)創業の老舗酒場、それが「本家鳥好」
1951年(昭和26年)といえば、第二次世界大戦が終わり、わずか6年しか経っていない年。

時代は朝鮮戦争の真っ只中であり、戦争特需によって戦後の日本が徐々に豊かになっていく、そんな時代であった。

当時は、第1回NHK紅白歌合戦が放送され、日本初のプロレスが興行され力道山がデビューするなど、ラジオからテレビへと時代が移り変わり、さらには日本航空が設立され、飛行機の営業もスタート、現在の日本へと繋がる事業が次々と勃興していた、そんな時代に、こちらのお店は産声を上げたのだ。

・ミソ炊き発祥のお店、それが「本家鳥好」
こちらのお店には様々な美味しいメニューが存在しているのだが、まず味わってもらいたいのが、ミソ炊きだ。

ミソ炊きとは、鶏皮を下茹でし、下ごしらえをした鶏皮を串打ちして、濃厚な赤味噌ベースの味噌ダレでじっくり煮込んだもの。

ひとくち味わえば、濃厚ながらもあっさりとした赤味噌ベースの味噌ダレと、柔らかくとろけていくような鶏皮のウマミを堪能する事ができる。
IMG_2410

そんなミソ炊きと一緒に美味しいお酒を味わえば、楽しい呉の夜の時間が始まるのだ。

・他にも美味しいメニューが揃うお店、それが「本家鳥好」
もちろんこちらのお店、ミソ炊きだけではない。

中でもオススメしたいのが、骨付焼だ。

目の前で豪快に焼き上げられる骨付きの鶏肉は、目でもその美味しさを楽しませてくれる。

噛み締めるたびにジューシーな鶏肉のウマミが溢れ出し、香ばしく焼き上げられたカリカリの皮の香りがさらに食欲を増幅させてくれる。

もしもお腹が空いているのなら、「やきめし」もオススメだ。

しっかりと炒めあげられた焼き飯は、日本酒のアテにもなるほどのウマさ。

ゆっくりと呉の夕暮れとともに味わう美味しいメニューの数々、まさに呉を代表する居酒屋の1つと言っても過言ではない。

戦後から時代そのものは大きく変化しても、変わらぬ味を守り続ける美味しい居酒屋。

そんな宝物のようなお店に出会う旅に出かけてみる、そんな食の旅に出かけてみるのも良いかもしれない。

酒場をあてもなく歩いた後にたどり着く居酒屋には、きっと今までに出会ったことのない、その土地ならではの味わいがあるに違いない。

そしてそんな味わいを楽しんだのなら、今までよりももっと旅が好きになってしまうに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 本家鳥好
住所 広島県呉市中通3-2-4
営業時間 17:30~22:00 
定休日 日曜定休 (不定休あり)





この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 本家鳥好

住所 : 広島県呉市中通3-2-4