【居酒屋探訪】江戸時代から続く港町・船橋が誇るコスパ抜群の居酒屋「一平」

どんな居酒屋にもそのお店に通う人々の思いが重なり、そしてそのたくさんの思いは居酒屋の持つ雰囲気となるのだ。

それゆえ、日本各地に多く人々を虜にする居酒屋がキラ星のごとく存在している。

例えば、あの吉田類も絶賛する大衆酒場、東京・江東区南砂町の「山城屋酒場」に、沖縄・石垣島で旬の魚介と沖縄料理を味あわせてくれる名店「居酒屋 錦(にしき)」新潟の郷土料理からラーメンや洋食まで味わえる新潟市・古町の老舗居酒屋「喜ぐち(きぐち)」北海道は小樽の絶品のおでんと日本酒を楽しめるお店「酒処 ふじりん」に、北海道随一の日本酒の品揃えと美味しいツマミのお店札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」、食い倒れの町大阪では、魅惑の豚足を味わえる「かどや」に、鴨の焼き鳥が味わえる「とり平」、そしてあの開高健も愛したクジラのおでんが楽しめるたこ梅、さらには名古屋にいったら絶対に行っておきたい居酒屋「歓酒亭 大安(かんしゅてい だいやす)」などなど、数え上げればキリがない。

そんな美味しい居酒屋の中から、今回は、千葉県は船橋を代表するセンベロの1つ、「一平(いっぺい)」をご紹介したい。

・京成船橋駅からすぐの老舗居酒屋、それが「一平」
JRに京成、そして東武線の巨大ターミナルとして栄えている船橋。

船橋を含む東京湾の最奥部である三番瀬(さんばんぜ)は、江戸時代には「御菜浦(おさいのうら)」として、新鮮な魚介を江戸城に納品していたほど、魚介類の豊富な場所。

現在でも漁業は盛んにおこなわれており、船橋の町の活気を支えているのだ。

そんな船橋の夜の活気を支えているお店の1つが、今回ご紹介する創業1960年(昭和35年)の老舗居酒屋「一平(いっぺい)」なのだ。

・どのメニューも500円以下!最高のツマミが揃うお店、それが「一平」
こちらのお店、壁に貼られたメニューとオススメのメニューが書かれているホワイトボードとを見て注文するお店。

そのメニューを見れば、あまりの激安っぷりに驚いてしまう。

まずは誰もが注文する牛煮込みと好みのドリンクを注文して、楽しい居酒屋タイムをスタートさせるのがオススメだ。

こちらのお店、ほとんどのお客が1名ないし2名で来店している。

そのため、隣同士で乾杯して常連さんに美味しいメニューを教えてもらうのもいいかもしれない。

乾杯した後は、心のおもむくままにメニューを注文してみてもらいたい。

クジラの竜田揚げは醤油と生姜が効いた逸品で、日本酒との相性も抜群だ。

しっかりと味のなじんだポテサラは、どんなドリンクでもマッチする最高の肴となってくれる。

そしてアジフライ。大ぶりのアジフライが2枚で300円。この価格でアツアツのアジフライを味わえることに幸せを感じてしまう。

・注文しておきたい裏メニュー「まぐろ納豆の菜っ葉添え」
様々な美味しいメニューが存在しているこちらの居酒屋なのだが、絶対に他のお店にない、というメニューが存在している。

それが「まぐろ納豆の菜っ葉添え」もしくは「いか納豆の菜っ葉添え」だ。

通常は「まぐろ納豆」もしくは「いか納豆」なのだが、そこに菜っ葉を添えてください、と言うと菜っ葉を添えてくれる。

この菜っ葉とは、店内で塩漬けされた大根の葉っぱのこと。

シャキシャキとした歯触りと大根の葉っぱのもつちょっとした苦みが非常にいい。

それをマグロ納豆やイカ納豆に添えると、そのままでも美味しいツマミが、さらに美味しいツマミとなるのだ。


東京から少し足を伸ばせば出会う事のできる船橋。

もしこの町を訪れた事がないという方は、船橋の漁港を散歩がてら、船橋に出かけてみてはいかがだろうか?

きっとそこには、江戸時代から栄えてきた港町の風情をそこかしこに感じられる出会いがあるかもしれない。

そしてそんな町の吞ん兵衛が集まる路地裏を覗いてみれば、そこには船橋でしか味わえない、そんな素敵な味の出会いもあるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 一平 (いっぺい)
住所 千葉県船橋市本町4-42-4
営業時間 月~金 15:00~22:30 / 土 14:00~21:30
定休日 日曜・祝日




この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 一平 (いっぺい)

住所 : 千葉県船橋市本町4-42-4