「かわいい」がギュっ!シンガポールのアラブ・ストリートがおしゃれタウンに変貌

多民族国家・シンガポールにはそれぞれの民族文化に触れられるエスニックタウンがあります。そのひとつが、アラブ・ストリート。

アラブ・ストリート地区は、MRTブギス駅周辺のイスラム色の濃いエリアのことで、シンガポールにおけるイスラム文化の中心地として発展してきました。

トルコやモロッコ、レバノンといったイスラム圏のレストランや中東雑貨の店が点在し、シンガポールにいることを忘れてしまいそうなエキゾチックな雰囲気が漂います。

そんな、イスラム文化の発信地であり、古くからの観光地でもあるアラブストリートに、いま異変が起きています。

近年、アラブ・ストリート周辺にはおしゃれなショップやカフェが続々と誕生。流行に敏感な若者や、在住欧米人が集まる流行の発信地に変貌を遂げているのです。

・アラブ・ストリートの中心「サルタン・モスク」

これなくしてアラブ・ストリートは語れない、アラブ・ストリートのシンボルが「サルタン・モスク」です。1928年に建設されたシンガポールで最古かつ最大のモスクで、金色に輝く丸いドームが印象的。威風堂々としたその姿は、小さな建物の多い一画でひときわ存在感を放っています。

信者たちが熱心に祈りをささげる空間は、厳かで清らかな空気に満ちています。礼拝堂にはイスラム教徒しか入れませんが、廊下から見学が可能。せっかくアラブ・ストリートに来たからには、伝統的なイスラム文化に触れて、新旧交わるアラブ・ストリートの「旧」の部分も体感してみましょう。

・ブッソーラ・ストリート

サルタン・モスクからまっすぐにのびる「ブッソーラ・ストリート」には、エスニック雑貨のお店や、中東料理のレストランなどが並んでいて、賑やかな観光地の雰囲気。

以前はアラブ風のスカーフなど、ベタな土産物屋が中心でしたが、近年は、日常生活に取り入れやすいファッショナブルなエスニック衣料の店が増えてきました。

・La Marelle Café & Boutique

ブッソーラストリートの角にあるショップハウスを改装したカラフルなカフェが、「La Marelle Café & Boutique」。

ポップなイラストや雑貨で彩られた店内は、女性なら「かわいい!」と声を上げてしまうほどにキュート。遊び心あふれる空間に身を置くだけで、心がうきうきしてきます。

シンガポールのおしゃれカフェとしては値段も手ごろ。ラブリーな空間でお茶やスイーツを楽しみましょう。

・Meomi Cat Cafe

猫好きさんなら、キュートな猫たちが迎えてくれる猫カフェ「Meomi Cat Cafe」も見逃せません。明るく可愛らしいインテリアでまとめられた店内はとても清潔で、気持ちよく過ごせます。。

眠ったり、走り回ったり、テーブルの上を歩いてみたり・・・と、気ままに過ごす猫たちの姿を眺めているだけで、心がふっとほどけて癒されること間違いなし。

・ハジ・レーン

アラブ・ストリートの西側に広がるおしゃれストリートが、ハジ・レーン。同じアラブ・ストリート地区でも、伝統的なイスラム文化の香りが残るサルタン・モスク周辺とはまったく異なるヒップな雰囲気です。

ポップなアートが施されたバー、トレンドの先端を行くブティック、個性的な雑貨ショップなど、「アラブ」の域を超えたさまざまな文化が混在しています。

まるでおもちゃ箱のような通りは、歩いているだけでワクワクの連続。オーナーのこだわりが感じられるショップが多いので、個性が光る洋服やアクセサリー、雑貨をゲットしてみては。ハジ・レーンのショップは午前中は閉まっているところが多いので、午後から出かけるのがおすすめです。

シンガポールにおけるイスラム文化の中心地としての役割を残しつつも、「イスラム」の枠を超えた流行の発信地として注目を集めるアラブ・ストリート地区。

行くたびに発見のある「かわいい」が詰まったこの街は、女子の心をとらえて離しません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 La Marelle Café & Boutique
住所 199664 Singapore, 25A Baghdad Street
電話 +65 8822 8536
営業時間 10:00~23:00

お店 Meomi Cat Cafe
住所 188801 Singapore,668 North Bridge Road
電話 +65 6296 0339
営業時間 11:00~22:00(水曜日は~17:00)