【世界の絶景】オランダのキューケンホフにも負けない!ドイツにある「花の島」マイナウ島で咲き乱れるチューリップはまさに絶景!

ドイツ南西部にあり、スイスやオーストリアとの国境にまたがるボーデン湖。ドイツ国内でも比較的温暖なこの地域には、一年中花で溢れる「花の島」マイナウ島があります。

その場所柄、ドイツ国内のみならずスイスをはじめとするヨーロッパ諸国からの訪問客も多いマイナウ島。日本ではまだあまり知られていませんが、年間来場者が100万人を超えるなど知る人ぞ知る人気スポットであることは確かです。

四季を通じて様々な花で溢れるマイナウ島ですが、ちょうどこの時期にはチューリップが見頃をむかえています。島中がチューリップで埋め尽くされているその姿はまさに圧巻。

特に小高い丘の上からの景色は感動すら覚えるほど美しいです。ボーデン湖を背に一面チューリップが広がり、その様子はまるで花のカーペットが広がっているよう。ここには一体何株のチューリップが植えられているのか、そうぞうしただけでも気が遠くなりそうです。

マイナウ島のハイライトの1つであるこの滝も、春はチューリップで埋め尽くされています。ビタミンカラーのチューリップは、見ているだけで元気を貰えますよ。この滝はぜひ上からの景色も楽しんでください。

島を歩いていて驚くのが、チューリップの種類の多さです。八重咲の物や色が混ざっている物、また花びらの先が尖っているものなど、珍しい品種のチューリップに思わず足を止めて見入ってしまいます。

植えられている数ではチューリップが圧倒的に多いですが、この時期にはビオラをはじめとする他の花も見頃をむかえています。チューリップだけ集まって咲いている姿は迫力がある一方、異なる花の寄せ植えもまた美しいです。

おなじみの花のオブジェも、この時期はビオラを中心に作られて春の装いです。

色の統一感を意識した花の組み合わせは、ぜひ自分の庭でも取り入れたいと思う人も多いのではないでしょうか。筆者もその1人です。

チューリップと言えばオランダのキューケンホフ公園が有名ですが、マイナウ島でもそれに負けないほど美しくチューリップが咲き乱れています。美しく咲くチューリップの姿を楽しみに出かけてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア