チェコのゴッホ!?ヨゼフ・ヴァーハルの作品が見られるポルトモネウム美術館(PORTMONEUM)

チェコのボヘミア東部にある町、リトミシュル。

ユネスコの世界遺産にも登録されているルネサンス様式のリトミシュル城や、作曲家ベドジフ・スメタナの生家があることで知られていますが、リトミシュルを訪れたらぜひ足を運んでほしいのが、ポルトモネウム美術館 PORTMONEUMです。

ポルトモネウム美術館 PORTMONEUMは、チェコの芸術愛好家ヨゼフ・ポルトモンが以前住んでいた家を一般開放しているもので、強い個性のために変人だとされていた版画家ヨゼフ・ヴァーハルの数多くの作品を紹介しています。

ヨゼフ・ポルトモンは、1913年にヨゼフ・ヴァーハルに出あい、作品を描いてもらうことになったそうです。

ポルトモネウム美術館では、ヨゼフ・ヴァーハルが1922年~1924年にかけて壁画を描いた2つの部屋を見ることができます。

踊る悪魔、化け物、ゴブリン、聖書に登場するシーン、占星術の兆しなどの絵で壁から天井までが埋め尽くされ、ある種の狂気のようなものを感じる人もいるのではないでしょうか。

四方を極彩色の絵に囲まれた部屋の中に立っていると、なんとも不思議な感覚に包まれます。

ヨゼフ・ヴァーハルは、ほかの多くの芸術家同様、生前はほとんど評価されなかったそうですが、死後その作品が注目され、かなり高い値段がつくようになったそうです。時代が彼に追いついた、ということなのかもしれません。

実は上の2つの部屋の壁画は、部屋の壁に描かれたものがそのまま残っているわけではなく、劣化を修復するため、一度剥がして再び元に戻された経緯があります。

当時の修復作業の様子を写した写真と、張り替えの際に剥がれ落ちた壁画の一部が通路に展示されていました。

ヨゼフ・ヴァーハルの版画作品を展示してある部屋。

ヨゼフ・ポルトモン自身は、こよなく芸術を愛する人物ではあったものの、芸術家ではなく、多くの作品を集めたり、製本したり、作画を依頼したりということを精力的に行っていたようです。

ただし、彼自身は特にお金持ちだったわけではなく、依頼はしたもののお金は払わなかったなどのエピソードも残っているとのこと。

ヨゼフ・ヴァーハルの壁画や版画は見る人によって評価が分かれそうですが、強烈なインパクトを与えるものであることは間違いありません。

リトミシュル城から歩いていけるところにあるので、リトミシュル観光の際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名称 Portmoneum Litomyšl
所在地 T. Novákové 75/75, Záhradí, 570 01 Litomyšl, Czech Republic
電話 +420 461 615 821

提供 チェコ政府観光局
(*当記事はチェコ政府観光局主催のプレスツアーに参加し執筆しています。)