姫路を訪れるのであれば絶対に食べたい姫路っ子のソウルフード!兵庫県姫路市「タコピア」の明石風たこ焼き

日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。

しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。

例えば、愛知県・安城市にある「北京本店の北京飯」広島県・広島市にある「陽気のラーメン」石川県・金沢市にある「グリルオーツカのハントンライス」新潟県・新潟市にある「みかづきのイタリアン」大阪府・大阪市にある「かどやの豚足」北海道・札幌市にある「だるまのジンギスカン」などなど、さまざまな美味しいグルメがキラボシのごとく日本各地に輝きを放って存在している。

そんな知られざるご当地グルメの中から、今回ご紹介するのは、兵庫県姫路市で地元姫路っ子に愛され続けるお店「タコピア」だ。

・ハイカラな名前とはウラハラに50年以上愛され続けるお店、それが「タコピア」
姫路を訪れた事が無い人にとって「タコピア」という名前を聞くと、新しいお店なのでは?と思ってしまうかもしれない。

しかしながらこちらのお店、タコピアというハイカラな名前とはウラハラに昭和34年(1959年)創業の老舗のタコ焼き屋なのだ。

昭和34年(1959年)と言えば、「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」が創刊され、当時の皇太子様(現在の天皇陛下)がご成婚、そして王貞治さんが後楽園球場でプロ入り初ホームランと、高度経済成長を追い風に、日本が急速に発展を遂げていた時代だ。

そんな時代に、こちらの「タコピア」は生まれたのだ。


・アツアツ出来たての明石風タコ焼き
そんなタコピアの名物と言えば、アツアツ出来たての明石風タコ焼きだ。

新しいお店になってからプラスチックの券売機を買って焼き上がりを待つスタイルになったが、アツアツ出来たての明石風タコ焼きを提供するという昔からのスタイルは変わらない。

威勢のいいおばさま達によって次々と鉄板の上で焼かれていく明石風タコ焼きはその流れ作業を見るだけでも楽しい。


・絶品の明石風タコ焼き
そんなおばさま達によって次々と焼き上げられる明石風タコ焼きの味わいは絶品。

一般的な明石焼はダシにつけて食べるのが通常の食べ方だが、タコピアではたこ焼きにソースをたっぷりとつけて、その上で更にダシにも浸して味わうのだ。

スパイスの効いたソースをたっぷりと塗ったたこ焼きを薄味のダシに浸して食べる、まさにこれこそが姫路で愛されてきた、姫路風の明石焼きとも言える。




・実はイカ焼きも人気
タコピアには明石風たこ焼き以外にも人気のメニューがある、それが200円という超絶コスパのイカ焼きだ。

モッチリとした生地にネギと紅ショウガとイカ、すこし重たいと感じる食感も、すべてひっくるめて美味しいローカルフードとして味わっておきたい。

たっぷりとソースを塗って、イカ焼きをほおばれば、旅の旅情すらも感じる事が出来るに違いない。

もし姫路を訪れる事があるのであれば、姫路っ子が味わうローカルフードを味わうという旅もよいのではないだろうか?

そこにはその場所でしか味わえない、そんな絶品ソウルフードが待っているに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 タコピア (TACCO PIRE)
住所 兵庫県姫路市駅前町188-1 グランフェスタ B1F
営業時間 10:00~20:00
公式HP http://himeji-festa.com/shop/takopia



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : タコピア (TACCO PIRE)

住所 : 兵庫県姫路市駅前町188-1 グランフェスタ B1F