兵庫県明石市が誇る玉子焼の名店「本家きむらや」

日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。

しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。

例えば、愛知県・安城市にある「北京本店の北京飯」広島県・広島市にある「陽気のラーメン」石川県・金沢市にある「グリルオーツカのハントンライス」新潟県・新潟市にある「みかづきのイタリアン」大阪府・大阪市にある「かどやの豚足」北海道・札幌市にある「だるまのジンギスカン」などなど、さまざまな美味しいグルメがキラボシのごとく日本各地に輝きを放って存在している。

そんな知られざるご当地グルメの中から、今回ご紹介するのは、兵庫県明石市で元祖玉子焼の名店として知られている「本家きむらや」をご紹介したい。

・明石焼ではなく玉子焼
明石焼として全国的に知られている名前なのだが、地元の明石では「玉子焼」と呼ばれ、昔から親しまれている。

明石の「玉子焼」は、生地にたっぷりと玉子を使い、さらに小麦粉以外に沈粉と呼ばれる小麦でんぷんの粉を加える事で、たこ焼きとは異なるフワフワの食感と玉子の香ばしい味わいを楽しめるのだ。

こちらのお店では1人前にたっぷりと2個の玉子を使い、注文があってから焼き始めるという徹底ぶり。

・美味しい明石のタコ
さらに嬉しいのが美味しいタコ。こちらのお店では毎朝仕入れる新鮮なタコが自慢。

一般的にタコは歯ごたえがあって食べにくいというイメージがあるかもしれない。しかしながら、新鮮な明石のタコは余計な手間を加えなくても、しっかりとしたウマミとコク、そしてぷりっとしていながらも柔らかい食感を楽しむ事が出来るのだ。

茹でただけのタコは固くて食べにくい、そんな概念を吹き飛ばしてくれる明石自慢の新鮮なタコも嬉しいポイントだ。

もちろん、おでんで供されるタコの味わいも最高だ。

・たっぷりとダシに付けて味わう
ふわふわの食感と玉子の優しい甘み、そしてしっかりとしたウマミとコク、そしてぷりっとしていながらも柔らかい食感を楽しめるタコ、それらをたっぷりとあっさりとしたダシに付けて味わえば、最高の玉子焼タイムの始まりだ。

あっさりとした味わいに香ばしいごま油の香りがタマらない、ただし、やけどには注意してもらいたい。

正統派の明石焼きを味わえるお店、明石の「本家きむらや」。

長きに渡って愛されつづけているお店だからこそ味わえる、そんな味に触れられる、まさに生きている事に、そしてその味に出会えた事に感謝する、「本家きむらや」はそんな時間を味わえるお店に違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 本家きむらや
住所 兵庫県明石市鍛冶屋町5-23
営業時間 火〜金 10:00~17:30
土・日・祝 9:00~17:30
定休日 月曜日
公式HP http://honke-kimuraya.com/