リバーサイドの夜景を眺めながらスロベニア料理を堪能!レストランアロマの鹿肉のゴラーシュ

日本ではあまり知られていないスロベニア共和国の首都リュブリャーナは、街の中心部に流れるリュブリャニツア川に個性的な橋が架かり、周辺には古い街並を残す優雅な空気感が流れる街。

小さなリュブリャーナの街では、旧市街やリュブリャーナ城などの観光スポットを巡った後に、リバーサイドのカフェやレストランでのんびりと過ごすのがおすすめ。

今回はリュブリャーナのオシャレなレストランアロマで頂くシカ肉のゴラーシュをご紹介します。治安も良く街並みが美しいリュブリャーナは、女性の一人旅にもオススメの街。街の中心部に観光地が集まっており、徒歩で巡ることができます。

伝統的なヨーロッパの街並みとカラフルな教会などが美しいリュブリャーナは、日が暮れてからが更に賑わいます。リュブリャニツア川沿いの道にはオシャレなカフェレストランが並び、夜になるとライトアップされ、軽快なダンスミュージックが流れるバーが営業し始めます。スロベニアは小さな国ながらグルメのバリエーションが豊富で、伝統的なスロベニア料理から近隣のイタリア、ハンガリー、オーストリア、クロアチアから影響を受けた料理も一般的に食べられています。

アドリア海からアルプスにまで面した自然に恵まれた国スロベニアは、新鮮な食材を使った料理が魅力でもあります。レストラン&ピッツェリア・アロマ(Aroma Restavracija in Pizzerija)は、スロベニアの伝統的な料理からピザやパスタなどのイタリア料理メニューが豊富なお店です。

暖かい季節には、テラス席でライトアップされたリュブリャーナの街を眺めながら、料理を頂くことができます。

オススメは鹿肉のゴラーシュ(JELENOV GOLAŽ S KRUHOVO ROLADO IN BRUSNICAMI)です。ハンガリー発祥の料理のグヤーシュは、スロベニア以外でもオーストリア 、チェコなどでも一般的に食べられています。

パプリカをじっくりと煮込んだシチューのグヤーシュは牛肉が一般的。ちなみに、ハンガリーでは「グヤーシュ(Gulyás)」チェコでは「グラーシュ(Gulasch)」、スロベニアでは「ゴラーシュ(Golas)」と異なる名前で呼ばれています。スロベニアでは馬肉や鹿肉なども一般的な食材で、メニューには牛肉のゴラーシュも用意されていまが、少し変わったメニューを試してみたい方は、ぜひ鹿肉のゴラーシュに挑戦してみませんか?

濃厚なゴラーシュは、口の中でシチューがとろける感覚にハマる絶品。割としっかりとした歯ごたえの鹿肉は、とろけるゴラーシュとの相性がとても良いのが特徴です。

ゴラーシュに添えられている蒸しパンも甘味があり、最後まで味を堪能することができます。

その他にもメニューにはスロベニア名物のトリュフを使った料理やシーフードも豊富です。食事の後には夜景の美しいリバーサイドを散策してみるのはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 レストラン&ピッツェリア・アロマ(Aroma Restavracija in Pizzerija)
住所 Ribji trg 2, 1000 Ljubljana, Slovenija
アクセス プレシェーレノフ広場から徒歩2分
営業時間 10時~22時
定休日 不定休
公式サイト  http://www.aroma-ljubljana.si/