【世界の絶景】アメリカが誇るスピリチュアルスポット・セドナの4大ヴォルテックスの一つ「カセドラルロック」

アメリカ・アリゾナ州、セドナ。大自然に抱かれた癒しの街、スピリチュアルな街として、またパワースポットとしても有名なこのエリアには、その魅力に惹きつけられた人が世界中から訪れています。

まず、セドナを観光する上で覚えておきたい言葉、それが「ヴォルテックス(Vortex)」という言葉です。

「ヴォルテックス(Vortex)」とは、直訳すると「渦(うず)」のこと。ここセドナでは、大地からのエネルギーが放出されているところを「ヴォルテックス」と呼び、現地でもらう資料やマップなどには、必ずヴォルテックスの場所に渦巻きのマークがついています。

実はこのヴォルテックスには、右や左、男性・女性などの種類があり、またそれらによって個人個人相性があるということ。

そんなセドナには、特にその大地からのエネルギーが強い「4大ヴォルテックス」と呼ばれている場所があり、それが、「ベルロック(Bell Rock)」、「エアポートメサ(Airport Mesa)」、「カセドラルロック(Cathedral Rock)」、そして「ボイントンキャニオン(Boynton Canyon)」の4つです。

今回はそのセドナ4大ヴォルテックスの中から、「カセドラルロック(Cathedral Rock)」をご紹介します。

・大聖堂の岩を意味する「カセドラルロック」

妖精が住んでいるといわれるパワースポット「レッド・ロック・クロッシング(Red Rock Crossing)」から臨むカセドラルロックはまさに荘厳そのもの。

カセドラルロックはその岩の形から、大聖堂にあるパイプオルガンにも見えるため、オルガンパイプロックともいわれています。

カセドラルロックは、男性と女性が混ざったエネルギーが存在していて、女性エネルギーのほうが少し強く出ているそうです。

心に安らぎを与え、体とエネルギーのバランスを整えて浄化する女性エネルギーが癒しを与えてくれるヴォルテックスです。

・ハイキングに挑戦!

片道45分のハイキングトレイルですが、途中、全身を使って岩を登る必要があるポイントがあるのと、写真を撮ったり自然のエネルギーを感じるためにも、ゆったりと2〜3時間は見ておいたほうが無難です。

登っていくと、次第に険しくなってきますので、注意が必要です。

疲れたら休憩しながら登っていきましょう。

後ろを振り返ると、どんどん地上から離れていっていることを感じます。

岩と岩の間を両手足で登るスポットもあります。

両手をフリーにしておくためにも、リュックサックを持参することをおススメします。また、ハイキング中は水分補給も忘れずに。

頂上には、岩の先端へと続く細い道がつづいています。

また頂上に着くと右手に、岩の先端に行くことができる道がありますが、そこからの眺めは絶景です。

自然・大地からあふれ出るパワーを受け、ヨガのポーズをとってみましょう、きっと心なしか、いつもより呼吸が深く感じるに違いありません。

セドナ4大ヴォルテックスの一つ、カセドラルロック。

セドナに訪れた際は絶対に外せないスポットの一つです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

場所 カセドラルロック(Cathedral Rock)
住所 500 Back O Beyond Rd, Sedona, AZ 86336