フランスのお菓子の街・ストラスブールの有名パティスリー「ネゲル」で宝石のようなケーキを堪能

ドイツとの国境に近い、フランス東部のアルザス地方。その中心都市が、欧州議会や欧州人権委員会が置かれているストラスブールです。

数々の木組みの家々が残る歴史的な街並みが「ストラスブールのグランディル」として世界遺産に登録されているストラスブールは、世界遺産の街として知られているのはもちろん、「スイーツの街」としても有名。

パリで活躍するピエール・エルメ氏をはじめ、多くのパティシエを輩出した街でもあり、狭い範囲に数々のスイーツショップが軒を連ねます。

そんなお菓子の街・ストラスブールのなかでも、特に有名なパティスリーが1927年創業の老舗「ネゲル(NAEGEL)」。

ストラスブールのシンボルであるノートルダム大聖堂にほど近い、趣たっぷりの狭い通りに位置するお店で、地元の人や観光客がひっきりなしに訪れています。

ここが有名なパティスリーであることを知らずとも、通りかかったら足を止めずにはいられないのがネゲルのショーウインドー。

道路に面して、季節のフルーツをたっぷりと使ったタルトや、色とりどりのマカロン、軽くつまめるエクレアなど、目移りしてしまうスイーツが勢ぞろい。

フランスらしく見た目にも美しい芸術的なスイーツの数々は、まるで宝石のようです。

ノートルダム大聖堂に近いゆえ、ふらりと通りかかる観光客も多い通りですが、このショーウインドーを目にしてしまったら、素通りできなくなってしまう人続出です。

甘い誘惑にすっかり駆られてしまったなら、店内でお茶やコーヒーとともに、フレッシュなスイーツを味わってみましょう。

イートイン用のテーブルは数が少ないので、空いていたらラッキー。もし埋まっていたとしても、長居する人は少ないので待ってみる価値は十分にあります。

今回は、苺のミルフィーユをいただきました。

サクサクのパイ生地のあいだには、香り高いカスタードクリームがたっぷり。卵の風味が感じられる濃厚なカスタードクリームながら、甘さ控えめで軽く上品な味わいです。

新鮮な苺とラズベリーがたっぷり載ったタルトもおすすめ。ネゲルのケーキはどれも、一つひとつ手間ひまかけて作られたことがわかる上質感漂うおいしさです。

ケーキやマカロン、クッキーなどのスイーツ以外にも、パンやキッシュ、サンドイッチなど軽いランチにもなる豊富な品揃えで、店内はいつもテイクアウトのお客さんでいっぱい。観光客というよりも、地元の人々を中心に支持されていることがうかがえます。

一度行けばその人気の理由がわかる「ネゲル」。ストラスブールを訪れるなら、素通りできないお店です。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

「ネゲル(NAEGEL)」
住所:9, rue des Orfèvres 67000 Strasbourg
http://maison-naegel.com/