季節到来、バンコクで人気のフルーツパーラー「パーデン」で至福のマンゴーパフェを

一年中、色とりどりの南国フルーツが味わえる、フルーツ天国タイ。

なかでも首都のバンコクには、おしゃれな空間でおいしいフルーツを使ったデザートが食べられる専門店が増えつつあります。

フルーツスイーツ好きなら、一度は訪れてみてほしいのがフルーツパーラー&雑貨店の「パーデン(Parden)」。

バンコク在住日本人が多く暮らすBTSプロンポン駅から徒歩で約15分ほど、落ち着いた地区の商業ビルの2階にあります。目印は「世界の山ちゃん」の看板と人形。

階段をのぼって2階にあがると、東京・吉祥寺にありそうな白を基調としたほんわかとした可愛らしいお店が迎えてくれます。

ほっこりとした優しい空気が流れる店内に入ると、ここがバンコクだということを忘れてしまいそう。

パーデンを営むのは日本人女性とタイ人男性のご夫婦。当時、タイにはおいしいフルーツがたくさんあるのに、素材そのものを最大限に生かしたデザートがなかったため、「フルーツの味で勝負するカフェをつくりたい」との思いで2008年にオープンしたのだそうです。

以来、バンコク在住日本人や日本人旅行者を中心に、「いつ行っても旬のフルーツが食べられるお店」として支持されています。

パーデンの看板メニューは、8種類の旬のフルーツを使ったパーデンフルーツパフェ。

入荷状況に応じて、その日食べごろを迎えるフルーツが使われるため、どんなフルーツが味わえるのかはそのときまでのお楽しみ。何度行っても、そのときどきで異なるフルーツのおいしさに出会えるのもパーデンの人気の秘密なのです。

その時期に最もおいしいフルーツを使った季節限定のパフェも人気で、今回ご紹介するのはパーデン特製のマンゴーパフェ。

マンゴーパフェが登場するタイミングはその年によって異なりますが、2018年は2月上旬から5月ごろまで楽しめるそうです。

タイでは60種類以上のマンゴーが栽培されていて、マンゴーの甘みがピークを迎えるといわれるのが4月と5月。マンゴーシーズン中、パーデンでは、食べごろを見極めてその日に最もおいしく食べられるマンゴーを使ったパフェがいただけます。

舌にのせるとほろっととろける優しい甘さのマンゴームースのまわりには、大きくカットしたマンゴーが贅沢に並びます。

黄金色に輝くマンゴーを一口食べると、う~ん甘い!

「日本でこんなに甘くジューシーなマンゴーは食べたことがない」と感じるほど、熟れた本場のマンゴーの味わいは格別です。

甘~いマンゴーと、あっさりとしたマンゴームース、さっぱりとしたアイスクリームとマンゴーゼリーが一体となって、日本人好みの洗練された上品な味わいに仕上がっています。

マンゴー好きなら、わざわざ目指して食べに行って損はないはず。

パーデンは雑貨店としても人気が高く、店内にはご夫婦が買い付けてきたタイ内外の可愛らしい雑貨が並びます。

フルーツをかたどったキーホルダーはお土産にも好評だとか。

パーデンで販売される雑貨は手作りの一点モノが多く、温かい雰囲気やレトロな雰囲気など、独特の味わいがあるものばかりです。

ハンドメイドのアクセサリーやポーチなど、アジアン雑貨好きの女性ならつい欲しくなってしまうアイテムに出会えることでしょう。

フルーツと雑貨に対する愛とまごころが感じられる、パーデン。その時期ごとの食べごろのフルーツを楽しみに訪れるリピーターが多いというのもうなずける、ほっこりした癒し系のお店です。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 パーデン(PARDEN)
住所 The Manor 2F, 32/1 Sukhumvit soi 39, Klongton-nua, Wattana, Bangkok
電話 66 2 204 2205
公式facebook https://www.facebook.com/Parden.Bangkok