【誰にも教えたくない日本の隠れ家】最高の海鮮を藁焼きで楽しめるお店、博多の名店「藁焼 みかん」

福岡県・福岡市。

九州の空の玄関口として日本のみならず世界中の人達から愛されているこの街は、かつては中心地区を流れる那珂川を境に西側は城下町として、東側は商人町として発展していた。

明治時代になって、城下町側を「福岡」、商人町側を「博多」として呼ばれていた街の名前は、福岡市に統合されたのだが、実はこの統合には紆余曲折があったため、現在でも市の名前と駅名とが2つに分かれたままとなっている。

そんな城下町として、商人町として栄えた博多には、多くの人を魅了するグルメが数多く存在する。

中州で味わう屋台グルメに始まり、九州各地から集まる豊富な魚介類を使った料理、さらには水炊きやモツ鍋など、人々を魅了して止まない劇ウマグルメは、博多の観光のハイライトの1つとも言える。

そんなグルメタウンにおいて、キラリと光る特別な料理でお酒を楽しませてくれるお店がある。

それが今回ご紹介するお店「藁焼 みかん」だ。

・至高の刺身、それが藁焼き
こちらのお店、藁焼きと銘打つだけあって、自慢は藁焼き。

しかもその藁焼きにする素材は絶品の地物の海鮮ばかりだ。

博多の目の前、玄海灘でとれた絶品の海鮮を、豪快に藁で炙る、それがこちらの名物なのだ。

豪快にあがる藁焼きの火柱によって、非常に香ばしい香りが素材に与えられ、さらに素材そのものがもつたっぷりの脂が高温で炙られる事によって、非常に香り高く、コクとウマミたっぷりの味わいとなる。

そんな藁焼き料理は、日本広しと言えども、このお店でしか味わえない味に違いない。

例えばたっぷりと旨味を感じる玄海のサバは、表面は香ばしく炙られ、さらに身はトロのような口溶けであるし

地物のアナゴはシコシコとした新鮮な歯触りを感じつつも、その中からたっぷりとした妖艶なうまみを味わう事ができる。

もちろん藁焼きの代名詞であるカツオも絶品だ。

・充実の日本酒ラインナップ
そんな絶品の藁焼きの料理は、やはり美味しいお酒をあわせておきたい。

日本酒のラインナップも充実しており、最高の料理にあう味わいを楽しむ事ができる。

最高のツマミと最高の組み合わせを探しながら、このお店の繰り出す妙技に酔いしれる、ここではそんな素晴らしい博多の夜を楽しむ事ができるのだ。

・特筆しておきたい鴨モモ
さらに押さえておきたいのが、こちらのお店の特製の鴨もも肉の朴葉焼き。

実はこちらの鴨、フランスのシャラン鴨を使用しているのだ。

七輪の上にはおおきな朴葉が敷かれ、その上にはたっぷりの味噌と鴨。

七輪の火と朴葉によって香ばしさを増した味噌はそれだけでも絶品。

さらにシャラン鴨の甘みとコクがその味噌と出会い、最高の味わいを奏でてくれる。

まさに日本とフランスの絶品食材のマリアージュなのだ。

もちろん他にもたくさんの絶品料理の数々がある。

濃厚な味わいの宮崎牛やお酒のおつまみとしてピッタリの自家製カラスミも秀逸であるし、サバ寿司やカブ菜めしなどのご飯ものも非常に美味である。

ほうじ茶アイスや茗荷(みょうが)シャーベットなど、デザートに至るまで、全く手抜かりのない味わいを堪能できる。


もし、博多を訪れる事があれば、絶品の地物の海鮮を最高の腕で仕上げた、藁焼き料理を味わってみてはいかがだろうか?

きっとますます博多の事が好きになるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名 藁焼 みかん
住所 福岡県福岡市中央区春吉2-6-10 小材ビル1階
時間 18:00〜翌3:00
休日 不定休
お店のfacebook https://www.facebook.com/藁焼-みかん-790880544268792/



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 藁焼 みかん

住所 : 福岡県福岡市中央区春吉2-6-10 小材ビル1階