この冬、味わっておきたい体の芯から暖まるワンタン麺 / 飯田橋のガード脇に佇む中華そば「高はし」

日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。

日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在している。

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。

甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどが挙げられる。

東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが挙げられる。

もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがない。

首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや挙げていくことが困難なほど、さまざまな名店がひしめき合っているのだ。

そんな日本中にある美味しいラーメンの中から、今回は東京・飯田橋に存在する、ボリューム満点の体が暖まるワンタン麺を味わえるお店をご紹介したい。

お店の名前は中華そば「高はし」だ。

・飯田橋のガード脇「千代田街ビル」に佇むお店
こちらのお店、飯田橋のガード脇にある千代田街ビルという昭和の雰囲気が色濃く残るビルに存在している。

実はこの飲食店が多く入るビルの前身は、戦後、飯田橋駅前で営業していた8軒の露天商が集まって作り上げた長屋。東京がまだ現在の東京とはかけ離れた時代に、苦労を重ねて作り上げられた場所、それが「千代田街ビル」なのだ。

そんなこのビルは近代的なビルが立ち並ぶ飯田橋の雰囲気とは異なり、昭和の時代へとタイムスリップしたかのような感覚をおぼえてしまう。

そんな場所に佇むのが、今回ご紹介する「高はし」なのだ。

・オススメはボリューム満点のワンタン麺
こちらのオススメはボリューム満点のワンタン麺。

ラーメンの表面はたっぷりの豚の脂で覆われているため、丼からほとんど湯気が出ていない状態で提供される。

しかしながら、ひとたび麺をたぐりよせると、アツアツの湯気とともに、美味しいスープが絡んだ麺が顔を出す。

こちらのラーメンのスープは、塩ラーメンのような、醤油ラーメンのような、何とも言えないスープ。

そのスープは、こちらのお店の特製ワンタンがよく合う。

つるりとしたワンタンは生姜の効いた美味しい餡をつつんでおり、体の芯から暖めてくれる。

またこのラーメンの表面はしっかりと豚の脂でコーティングされているため、最後までアツアツのラーメンを味わえるのだ。

たっぷりとラーメンとワンタンを堪能したのなら、分厚いチャーシューも味わってもらいたい。

お好みで卓上のブラックペッパーを効かせて、味わうのもいいだろう。

寒い日が続く日本列島。

もし飯田橋を訪れたのなら、昭和の雰囲気を色濃く残す飲食店ひしめく「千代田街ビル」を訪れてみてはいかがだろうか?

そこには、寒い冬だからこそより美味しくなる、絶品のワンタン麺があるにちがいないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 中華そば 高はし (ちゅうかそばたかはし)
住所 東京都千代田区飯田橋3-11-30 千代田街ビル1F
営業時間  11:30~14:00 / 17:00~21:00 土曜日 11:30~18:00
定休日 日曜日



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 中華そば 高はし (ちゅうかそばたかはし)

住所 : 東京都千代田区飯田橋3-11-30 千代田街ビル1F