「洋菓子のフランセ」表参道本店がリニューアルオープン!本店限定のパイも登場!

1957年12月にフランス洋菓子文化を日本に普及させたいという、髙井二郎氏の想いから渋谷にオープンした「洋菓子のフランセ」は創業60周年を迎え、いま一度洋菓子の原点に立ち返り”果実”をたのしむ洋菓子ブランドに生まれ変わりました。

そして2018年6月1日(金)、東京・表参道にカフェを併設した「フランセ表参道本店」がオープン。


「洋菓子のフランセ」では、創業当時高級品であったブランデーを用いた「ブランデーケーキ」、レモンをベースにした「ハニーシトロン」など次々と新しいコンセプトの商品を販売。

1997年には、渋谷から横浜へ拠点を移し、元町に路面店をオープン。洋菓子のみならずフランス料理店をひらくなど、フランス文化を伝えてきました。


フランセの商品は、毎年ブリュッセルで開かれるモンドセレクションにて30年連続で受賞しており、2018年度は「レモンケーキ」がモンドセレクション金賞を受賞するなど、日本国内のみならず世界でも注目されています。


フランセの看板商品である「果実をたのしむミルフィユ」も、素材や製法など美味しさをさらに追求し、パッケージも果物や木の実をモチーフとしたデザインに一新されました。


甘みと酸味が絶妙ないちごクリームをパイでサンドしホワイトチョコレートで包んだ「いちご」、爽やかな香りと酸味の広がるレモンクリームをパイでサンドしレモン味のコーティングチョコレートで包んだ「れもん」、濃厚で奥深い味わいのピスタチオクリームをパイでサンドしスイートチョコレートで包んだ「ピスタチオ」、香り高く風味豊かなアーモンドとヘーゼルナッツのクリームをパイでサンドしミルクチョコレートで包んだ「ジャンドゥーヤ」の4つの個性豊かな味わいが揃います。

さらに、フランセ表参道本店でしか味わえない生菓子「フランセパニエ」も販売されます。


フランス産のバターを使ったパイ生地は、バレエのスカートを意味する「パニエ」のように、いくえにも薄い生地が重なっています。また、粉でバターを包み込む通常のパイ生地とは異なり、バターで粉を包み込む製法を採り入れているため、サックサク食感に加え、口の中でホロホロとほどけていく繊細な味わいが楽しめます。


パイの中には、北海道産のフレッシュ生クリームにマスカルポーネとカスタードをブレンドしたコクのある味わいのクリームがたっぷりと詰め込まれています。

パイとクリームというシンプルなお菓子ですが、パティシエの技術や素材の美味しさが堪能できる逸品となっています。

店舗に併設されたカフェでいただけるほか、テイクアウトも可能なので手土産にもオススメです。

フランセ表参道本店でしか味わえない生菓子「フランセパニエ」、是非味わってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 フランセ表参道本店
住所 東京都港区南青山5-6-3メーゾンブランシュⅡ2F
※東京メトロ表参道駅 B3出口徒歩1分
営業時間:11:00~19:00(不定休)
お店のホームページ:http://www.francais.jp/