【日本ドライブイン紀行】沖縄で愛され続ける24時間営業のロードサイドレストラン / 沖縄県国頭郡恩納村の「シーサイドドライブイン」

世界初のドライブイン・チェーン店は、1921年にアメリカのテキサス州ダラスに開業した「ピッグ・スタンド(Pig stand)」だという。

モータリゼーションの発達に伴い、「ピッグ・スタンド(Pig stand)」のようなドライブインが全米に普及していった。アメリカでは車に乗ったままで映画を見られるドライブインシアターなど、車社会を象徴するような日本では想像のつかないドライブインが存在している。

そんなモータリゼーションの波が本格的に日本にやってくるのが、高度経済成長期(いざなぎ景気時代)と呼ばれる1960年代半ば昭和40年前後だ。

第二次世界大戦後から5年後に勃発した朝鮮戦争によって在朝鮮アメリカ軍および在日アメリカ軍から日本に発注された物資やサービスは朝鮮特需と呼ばれるほどの莫大な経済効果をもたらし、それにより日本の経済は戦後から急速に立ち直ることになる。

そして終戦から僅か11年後の1956年、経済白書には 「もはや戦後ではない」という言葉が掲載されるほど日本は戦後からの復興をとげ、1950年代後半には、三種の神器として白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫の家電3品目が一般家庭に普及し始めることになる。

そしてその次の10年、1960年に勃発するのがベトナム戦争。またしても戦争特需の恩恵を受けた日本経済は先進国の仲間入りを果たすほど目覚ましい発展をとげていく。

そしてそのタイミングで一般家庭に普及しはじめたのが、新・三種の神器として知られる、カラーテレビ (Color television)・クーラー (Cooler)・自動車 (Car) の3種類。

そんな日本の奇跡的な成長を背景に、1960年代半ばから多くの国道には多くのドライブインが乱立していったのだ。

しかしながら、時代が移り変わっていく中で全国に高速道路が整備され、サービスエリアが整備される。そして、今では多くのドライブインが廃業しており、日本にあるドライブインは、そのほとんどが失われつつあるのだ。

今回は、そんな昭和の華々しい時代の香りを感じられる、数少ない日本各地のドライブインの中から、沖縄県国頭郡恩納村にある、まるでアメリカンダイナーのようなドライブインをご紹介したい。

お店の名前は「シーサイドドライブイン」。

・創業1967年の沖縄が誇る老舗ドライブイン、それが「シーサイドドライブイン」
こちらのお店、美しい海岸線のそばに佇む、名前の通りの「シーサイドドライブイン」。

創業は日本にモータリゼーションがもたらされた時代と合致する1967年(昭和42年)。

1967年(昭和42年)と言えば、東京では東急百貨店本店や小田急百貨店などの私鉄各社が運営する百貨店がオープンし、東京キー局でカラーテレビの本放送開始され、日本航空が世界一周線の運航を開始するなど、日本全体が好景気を謳歌し、将来に対する憂いなど微塵も感じる事が無かった時代。

そんな時代に美しい沖縄の海に抱かれたピカピカのアメリカンダイナーのようなドライブインが産まれたのだ。

沖縄本島を南北に貫く旧「1号線」沿いに登場したピカピカのアメリカンダイナーのようなドライブインは、おそらく当時の沖縄の人びとの目には「最先端のオシャレスポット」として憧れの場所の1つであったに違いない。

そしてこちらのお店の創業当時はまだ沖縄はアメリカであり、当時は多くの軍人も訪れたであろうこちらのお店は、今もなお多くの人々を変わらぬ味わいでもてなしてくれるのだ。


・様々な美味しいメニューを堪能できるドライブイン、それが「シーサイドドライブイン」
沖縄が誇る老舗ドライブイン「シーサイドドライブイン」は、見た目はもちろん、味わいも最高のメニューを堪能できる。

まず、地元の方々がソウルフードとさえ呼ぶ特製のスープは、豚骨で出汁をとり、ルーにはラードを使った、とろりとコクのある沖縄風のクリームスープ。

細かく刻まれたハムやマッシュルームなどの具材が入ったとろりとした不思議なスープは、今も昔も変わらぬ味わいで、訪れる人々を魅了してくれている。


サンドイッチなどのメニューもオススメだが、ハンバーガーもオススメ。

窓の外に広がる美しい海と、昔から変わらぬ味わいで提供されてきたハンバーガーとの組み合わせは、何とも言えない旅情を感じさせてくれるに違いない。



・ちょっとリッチなメニュー、牛のテール煮込み
様々なメニューがあるのだが、入り口の看板にも掲げられているちょっとリッチなオススメメニュー、それが牛尾肉の煮込みだ。

ほろほろと、ほどけていくほど柔らかく煮込まれた牛のテールに、ウマミたっぷりのデミグラスソースがかかった逸品は、最高の味わい。

噛み締めるたびに牛テールのトロッとした妖艶なウマミが広がっていき、じわじわとデミグラスソースの濃厚な味わいがプラスされるこちらのメニューは少々贅沢な価格だが、その価格に違わぬ美味しさを提供してくれる。

他にも様々な美味しいメニューがあるのだが、1度に全て味わう事はできない。

それは旅の新しい宿題として、次回の沖縄の旅行の時のために取っておけば良いのだ。


日本の華々しい時代とともに生まれ、今なおその時代の香りを感じさせてくれる、ドライブイン。

たまには高速道路を使わず、かつての国道をドライブする、そんなゆっくりとしたオトナの旅に出かけてみるというのもいいかもしれない。

そこには時代に裏打ちされた、その場所でしか味わえない、美味しい体験が待っているに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 シーサイドドライブイン
住所 沖縄県国頭郡恩納村字仲泊885
営業時間 24時間営業(夜間はテイクアウトのみ)
定休日 なし
お店の公式ホームページ http://www.seaside-drivein.com/












この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : シーサイドドライブイン

住所 : 沖縄県国頭郡恩納村字仲泊885