絶品の牛タンを味わえる行列必至の焼肉店 / 東京都江東区森下の「焼肉 静龍苑 (せいりゅうえん)」

有史以来、人類を虜にしてきた肉。

噛み締めるたびに溢れる肉汁とほとばしるウマミは、悠久の歴史の中でこの世の生きとし生ける人間の全てを虜にしてきた。

そんな肉の魅力を存分に味わえるお店は世界各地に存在している。

例えば、フランス・パリにはの名優ジェラール・ドパルデューも通うパリのステーキ専門レストラン「ル・ローシュベム(Le Louchebem)」があるし、スペイン・バルセロナには、あの中田英寿も絶賛したフォアグラステーキを味わえるバル「エルバソ・デ・オロ(El Vaso De Oro)」に、多くの地元の人々に愛されているマドリッドで大人気の牛肉の陶板焼きのレストラン「エル・ブエイ」などなど、数え上げればキリが無い。

もちろん日本国内にも多数のお店が存在している。

例えば、吞ん兵衛の聖地・立石で絶品の焼き肉を味わえるお店「牛坊(ぎゅうぼう)」本当の焼肉の聖地といわれている鹿浜・スタミナ苑ビーフカツレツの名店、人形町の「そよいち」などなど、こちらも数え上げればキリが無いのだ。

そんな世界各地の美味しい肉の魅力を存分に味わえるお店の中から、今回は東京都江東区森下にある美味しい焼肉店をご紹介したい。

お店の名前は、「焼肉 静龍苑 (せいりゅうえん)」だ。

・東京都江東区森下で行列を作る名店、それが静龍苑
こちらのお店、東京江東区森下、いわゆる東京の下町にある、外見はごくごく普通の焼肉店。

しかしながら、美味しい牛タンを味わえる名店として、地元の人々のみならず、多くの焼き肉好きの人々に知られている名店のため、日が暮れるとお店の前には大行列ができてしまう。

特に、土曜日や日曜・祝日には非常に多くの人々が行列を作るため、タイミングにもよるのだが、1時間以上の行列を覚悟して焼き肉を味わうことになる、それほどの人気店なのだ。

もし平日いけるチャンスがあるのであれば、平日訪問することをオススメしたい。

・静龍苑イコール牛タン
もしこちらのお店を訪問するのであれば、絶対に味わっておきたいのが牛タンだ。

オリジナルの塩ダレでしっかりと味付けされた牛タンは、非常に美味。

滑らかな舌触りと、牛タンの美味しい歯触り、そしてネギやゴマをたっぷりと使った塩ダレ。

非常に完成度の高い牛タンがここにはあるのだ。

その牛タンをさらに美味しく味わうのであれば、ライス。

牛タンをレモン果汁にくぐらせて、酸味を加えたものをライスと一緒に味わう。

そうする事によって、牛タンの食感、そして塩ダレのウマミにレモンの爽やかな酸味、それらをライスと一緒に味わえば、口の中で美味しいウマミが爆発するのだ。

またこちらのライスを注文すると一緒についてくるのがタマゴスープ。

トロトロのタマゴスープはそれだけでも非常に美味だが、ご飯と一緒に味わうもよし、牛タンと一緒に味わうもよし、どんなメニューとも相性抜群の味わいなのだ。

・他にも美味しいメニューが盛りだくさん
こちらのお店、オーダーの方法にルールがあるのだが、お店の方が丁寧に教えてくれるため、そのルールに則って注文すれば、何の問題もない。

そのため、ルールに従って、お店のメニューから自分の食べたいメニューを気の向くままオーダーすることをオススメしたい。

様々なメニューの中でも味わって頂きたいのが、あぶりユッケだ。

新鮮な牛肉のユッケに卵の黄身とレモンを搾ってあえたものを、焼き肉のロースターで程よく炙る。

そうすると、牛肉のウマミと卵の黄身の甘みに加えて、少しレモンの酸味が効いているため、いくらでも味わえる美味しいツマミになる。

ただ、こちらのメニューは1回しかオーダーできないため、他のメニューとのバランスを考慮してオーダーしてもらいたい。

また、通常のタレのメニューの中でオススメしたいのが、ロース。

程よくサシの入ったロースは、それだけを味わっても非常に美味。

非常にジューシーでありながら、あっさりとしているロースも、いくらでも食べられる、と思うほどの美味しさなのだ。

また1枚が非常に大きいため、ライスの上にのせて、ライスを肉で巻いて食べる、という美味しい食べ方も実現可能だ。

もしそこにトッピングを加えたいのであれば、キムチの盛り合わせを追加するのも良いかもしれない。

少しピリ辛の白菜キムチをロースの上に載せて、一緒にライスと味わう、そうすることによって、肉のウマミにキムチの酸味や辛み、ウマミが加わるため、さらに美味しい焼き肉を味わう事ができる。

季節は食欲の秋。

美味しいグルメを楽しみながら、秋の夜長をより楽しむ、そんな夜のグルメ旅に出かけてみるのはいかがだろうか?

そんなグルメ旅で訪れるお店には、大切にこれからも味わっていきたい、そんな人々の幸せや笑顔をひきだすような美味しいメニューがあるに違いないのだ。

そしてそんな秋の夜長を楽しんだのなら、次の季節の冬の味覚もより楽しめるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 焼肉 静龍苑 (せいりゅうえん)
住所 東京都江東区森下2-14-5
営業時間  月・火・木・金 17:30〜22:00(ラストオーダー21:30) / 土・日 17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日 水曜日