トルコにある世界最大の市場グランバザールでショッピングしてみよう!

ヨーロッパとアジアの交差点イスタンブール。この街には世界最大級の規模を誇る市場、グランバザールがあります。

トルコ語で「カパル・チャルシュ (Capali Carsi)」日本語では「屋根付き市場」という意味のグランドバザールは、1455年から1461年にかけ、当時のオスマン帝国皇帝のメフメト2世の命により建設されました。

16世紀のスレイマン大帝の時代に大幅に拡張され、広さ約30000平方メートル、東京ドームのグラウンドサイズで置き換えれば2倍より少し大きいサイズの大きさの場所に、4000の店舗がひしめき合っている巨大な市場です。

実はグランバザール、値段の表示はないので常にお店の人との交渉によって値段が決まります。そのため別な場所でイスタンブールの物価をある程度把握してから、グランバザールに乗り込むことをオススメします。

しかしながら、あまりこだわらずに気軽な気持ちで現地のトルコ人との値引き交渉を楽しんでみるのも、また旅の醍醐味の1つ。

グランドバザールは世界遺産のイスタンブール歴史地区からもほど近い旧市街にあります。観光を楽しんだ後に、アザーンを聴きながらグランドバザールを散策するというイスタンブールでしか出来ない街歩きは、旅のハイライトの1つと言っても過言ではありません。

そんな場所で、お気に入りの雑貨や香水を見つけてみてはいかがでしょうか。交渉も含めて素敵な旅の思い出になるに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア