極上のパンとスープを味わえる美瑛町のアンテナショップに行ってきた。ウマすぎて毎朝飲みたくなってしまう件!

DSC_0115
東京にはさまざまなアンテナショップが存在しており、東京にいながらにして様々な地域の素晴らしい食材や情報を得る事ができる。

今回ご紹介するのはその中でも町としてアンテナショップを出店している北海道美瑛町のお店「丘のまち美瑛」。

北海道美瑛町と言えば、「日本で最も美しい村」連合に加盟している村で、あのApple社の壁紙の青い池でも有名な美しい村。

そんな美しい村の素材を直送して販売しているのが北海道美瑛町のアンテナショップ「丘のまち美瑛」なのだ。

実はこちら、極上のパンとスープを味わえるということで隠れた人気店とのこと。

・激ウマなパンプキンスープ
北海道美瑛町の豊かな大自然で育まれたカボチャは言うまでもなくおいしいカボチャ。そのおいしいカボチャをたっぷりと使ったパンプキンスープは素朴でありながら、カボチャの甘みとウマミが極限まで引き出された味わい。ひとくち食べれば、北海道の寒い冬を乗りきるための大地のパワーそのものを感じる事ができる。

・オニオンスープも捨て難い
パンプキンスープの美味しさも素晴らしいのだが、オニオンスープも捨て難い。極上のコンソメの中でタマネギ本来の甘みとウマミをじっくりと引き出されたオニオンスープは豊かなコクを感じられるほど素晴らしい味わい。パンプキンスープのこってり感はないものの、スッキリとしたスープからは、じわじわっと美瑛町で育まれたタマネギがもつコクを感じることができるのだ。

・さらにパンが絶品
パン好きな方は聞いた事があるかもしれないが、実はこちらのパン、パン屋ランキング全国1位にも輝く丸ノ内の名店ブラッスリー・ヴィロン(VIRON)にて焼かれたパン。これだけでも絶品という事が分かるのだが、さらにこちらのパンがすごいのは、使っている小麦が全て美瑛産の香り高い小麦のみ、というのだから絶品中の絶品と言える。

絶品のスープに絶品のパンを合わせて食べる事ができるのだから、たまらない。

寒い朝、もし有楽町を訪れる機会があったらこの組み合わせを楽しんでもらいたい。きっと美瑛町から届けられた大地の恵みを味だけでなく香りからも感じることができるだろう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名 丘のまち美瑛
住所 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
時間 10:00~19:00
休日 年中無休
HP  https://www.facebook.com/okanomachi

DSC_1225

DSC_0108

DSC_0110

DSC_0135

DSC_0146

小麦 (2)

小麦

ケンとメリーの木1